今の季節のジャケットはビジネス感は薄めに華やかを重視

年末年始はパーティなどに顔を出すことも多く、ゴルフに出かければ、クラブハウスの中もいつもより華やか。ちょっと高揚した気分に合わせて、ジャケットにもスペシャル感を見せて。基本はかっちりと見えながら、お仕事モードとの違いを重視したい。

クラブハウス内の雰囲気も華やかにになる年末年始。であればコースに出かけるときのジャケットもちょっとゴージャスさをプラス。かっちりとしたいつものジャケットに比べて、独特な起毛感をもったウールモヘアの質感は、さりげなく華があるスタイルを演出してくれる。この時期のコンペのあとのパーティルームでは抜群に映えそうだ。

¥138,000(ボリオリ)問ボリオリ 東京店 tel:03-6256-0297

 

フツーのジャケットよりも、ダブルブレストであるだけでおしゃれ度はアップするし、お仕事感も薄め。普段から好きでダブルブレストを着ている人なら気にならないはずだが、着慣れない人はちょっと躊躇してしまいそうだけれど、柄もクラシック系でトライしやすいはず。やや短めな着丈や、大きめなラペルなどさりげにポイントを押さえている。

¥76,000円(フガート)問コロネット tel:03-5216-6521

 

ベースはかっちりとしたハウンドトゥースだけれど、ピンクのチェックがオンしているだけで、ビジネス濃度がてきめんにダウン。2つボタンのクセのないデザインなので、手もちのワードローブとも組み合わせやすいのもありがたい。これならきちんと見えて、お仕事っぽさもそれほどないので、ユーティリティに活躍してくれそう。

79,000L.M.B.1911)問トヨダトレーディング プレスルーム tel:03-5350-5567