真冬のコースでさりげなく差をつけるメッケものゴルフウエア

冬のラウンドというと、どうしてもルックスより防寒の方に気がまわりがち。とはいえ暖かく、動きやすければいいというだけで、スタイルを決めるのはものたりないというゴルファーには、寒さにも強く、しかもひと味違ったウエアをゴルフワードローブに加えてほしい。といってもクセが強いアイテムではなく、見慣れたウエアより少しこなれた感があるだけ。普段のゴルフウエアの感覚で着こなせるものばかりだ。

 

セーターは冬のゴルフスタイルのカギを握るアイテムで、各ブランドからさまざまなデザインが店頭に並ぶ。しかしおしゃれなタウンウエアのイメージが強い、表面が毛羽立ったモヘアを用いたものはあまり見かけない。素材はウールとアクリルの混紡で、暖かみのある素材感は独特だ。ハーフターンでクラブハウスへ戻り、アウターを脱いだとき、こんなシンプルなセーターをさらりと着こなしていたら高得点だ。

各¥28,000(マスターバニーエディション)問マスターバニーエディション 広尾店 tel:03-6721-7063

 

リバーシブルのベストはレアではないけれど、そのカラーの組み合わせがグッド。ホワイトはスポーティで清潔感があるが、冬になると凛とした存在感が際立つ。といいつつ、なかなか手を出しにくい色でもある。ところがリバーシブルのもう1色が、ビビッドでシャープなラインを生かしたレッドなら、まさに異なるイメージで着まわせるからホワイトもチャレンジしやすい。ダウンとフェザーを用いて寒さ対策も万全だ。

¥18,000(ニューバランス)問TSIグルーヴアンドスポーツ tel:0120-519-515

 

冬は頼りになるニットキャップでさらにおしゃれ感を追い求めるなら、カシミヤ素材はどうだろう。カジュアルでスポーティな一般的なニットキャップと比べると、上品で洗練されたイメージが魅力。上質な肌さわりは頭にも優しくフィットしてくれるはずだ。まさに大人仕様のニットキャップだから、コースだけでかぶるのはもったいない。休日の外出着のアクセントとしてもスマートに活用できるはず。

各¥12,000(マスターバニーエディション)問マスターバニーエディション 広尾店 tel:03-6721-7063