銀座にマンシングウェアのフラッグシップが登場

長い間、日本のゴルフウエアの王道を歩んできたマンシングウェア。そのネームバリューの高さから気づいていない向きもあるかもしれないが、このブランドは実はアメリカ生まれ。その歴史も100年を越える。ゴルフシーンにニットウエアを取り入れた先駆者であり、その過程で開発された、脇に伸縮をもたせたアクションガゼットや、前よりも後身頃が少し長いデザインは、現在のゴルフウエアにも引き継がれている。今日もプレーヤー目線の最新機能を次々に取り入れながらゴルフウエアをリードする。

そんなマンシンウェアのフラッグシップショップ、「マンシングウェア クラブハウス 銀座」が、4月7日(土)に銀座・並木通りにオープン。3フロアに分かれた店内は、ブランドが生まれたアメリカのハイクラスなコースのクラブハウスを彷彿とさせるイメージ。モダンで重厚、そしてどこかフレンドリーな雰囲気を感じさせる。このショップの主役はもちろんゴルフウエアになるのだが、見逃せないのがゴルフだけでなく、ライフスタイルすべてを演出できるウエアまで取り揃えているところだ。コースではクオリティの高いプレーウエアとして、デイリーにはスポーティで上質なカジュアルウエアとして、マンシングウェアの広がる世界観を知ることができる。

またベーシックなポロシャツのスタイルにこだわり続ける、ジャパンメイドの定番「One Thing」シリーズ、ギザをはじめ、素材である綿の産地にこだわった上質なポロ「大陸綿ポロ」、さらに1960~70年代にアメリカで作られたゴルフ専用ポロの復刻モデルなども見逃せない。このショップを通じて、マンシングウェアの底力を知ることができそうだ。

マンシングウェア クラブハウス 銀座

東京都中央区銀座5-5-18  tel:03-6228-5963