気の利いたゴルフおみやげはスマートゴルファーのお作法 Vol.8

バカンスでもビジネストリップでも、帰りにはちょっと気の利いたおみやげを忘れない。そんなスマートな振る舞いがさらりとできるアナタでも、ウィークエンドのゴルフは少し厄介。コースで調達できるものは限られるし、場所はかなり郊外であり、渋滞が気になって寄り道するのも避けたいところ。であれば、頼りになるのは高速のPA。つきなみなおみやげしかなかったのは昔のこと。今は選ぶのに悩むほど種類も豊富、しかもこだわったモノが数多く揃っている。

たとえゴルフの帰りでも、おみやげに何を選ぶのかにはセンスが問われる。奇抜さ、目新しさなどに惑わされ、気をもむのは面倒というのも本音。基準があるわけではないが、おみやげ感の強いモノを選ぶのも悪くない。たとえばスイーツならバームクーヘンやシュークリームとか、きっと期待に応えてくれるはずだ。

書写 千年杉  

(山陽自動車道・龍野西SA・上り)

バームクーヘンらしからぬネーミングは、姫路の名刹、円教寺境内の杉を見立てて作られたからという。パッケージも高級感のある巻物風。表面はスライスされたアーモンドとココアでデコレーションして、杉のイメージを演出。バームクーヘンらしくカットすると、おなじみの模様が年輪のように見えてくる。真ん中の餡は小倉とゆずの2種類。見慣れたバームクーヘンにはないオリジナリティが際立つが、味には安定感がある。バームクーヘンらしいしっとり感、アーモンドのザクザクとした歯ざわり、そして餡がきっちりと調和して、絶妙なバランスを生み出している。なんでも『ラストサムライ』の撮影で来日したトム・クルーズもおみやげとして買って帰ったとか。おみやげのバームクーヘンは固いセレクトなのだ。

¥1,296  tel:0791-66-2647

 

茨城メロンシュー

(常磐道・守谷SA上り)

あまり知られていないようだが、茨城県は国内有数のメロン産地とか。それゆえSAには、メロンコラボのおみやげが多数揃う。メロンパンの知名度にはかなわないのだが、メロンのシュークリームというのもそそられるスイーツ。この茨城メロンシューは、メロンに見立てて焼き上げたクッキーシューの中に、茨城産メロンをふんだんに取り入れたクリームがたっぷりと入っている。刻んだメロンの果肉が存在感を見せる高級系ではなく、あえてベーシックなシュークリームらしさを大切にした姿勢に拍手。身構えるのではなく、パクリといけそうなのが、ゴルフ帰りのおみやげらしいカジュアル感だ。

¥240(いばらきまーけっと) tel:0297-38-7900