スマートゴルファーたちの自分磨き vol.2

歯科医師使用率No1ブランドが放つ、自信のフラッグシップモデル、

「フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」。

プロダクトとしての完熟度が、二人のスマートゴルファーを魅了する。

スイング、歩行、歯磨き、全て『バランス』が肝心。

梅田和徳さん/理事長を務める『KU 歯科クリニック』は、銀座、青山、渋谷を始め、7つのクリニックを展開し、口腔内全体の『バランス』にこだわった、専門スタッフによるチーム医療を提供する。www.keiwa-Kai.com

高校では野球、大学時代はアメリカンフットボールと、スポーツマンの歯科医師・梅田和徳さん。ゴルフのハディキャップは14で、ベストスコアは78。2年前に戸塚カントリー倶楽部の会員となって以来、ゴルフに前のめりという。

「戸塚カントリー倶楽部は一人で参加される方も多く、私も時間が空いた時に気軽に訪れ、大体週2回はラウンドしています。そしてメンバーの方々との交流もまた楽しみの一つです」と、クラブライフの醍醐味を堪能する梅田さん。

梅田さんと同じく、アメリカンフットボール経験のある東田文太郎さんは、甲南大学ではランニングバックとキッカーを務めていた本格的アスリート。アメフトで鍛えた肉体と綺麗な歯が印象的なナイスガイだ。

「歯医者さんで綺麗にメンテナンスしてもらうのが好きで、毎週でも行きたいのですが、お医者さんからそこまではと言われ、2週に一回ぐらいにしています(笑)」と、こちらは歯科医院通いが月2ペース。

これを聞いた梅田さんも笑顔を見せ、「プロによるケアを習慣にされているのは理想的。これに日々のセルフケアである歯磨きも正しく行えば完璧ですね。歯磨きで大切なのは、左右のバランスよく、正確な動きと、強さで、確実に磨くこと。右利きの方は左側の歯を磨く時、脇が開くのでゴルフのスイング同様、左右対称の安定した動作が難しくなります。そこで有効なのが電動歯ブラシ。私も使っているこのソニッケアーの音波式電動歯ブラシはブラッシング能力がとても高く、手では再現できない高速で均一な振動により、正確で安定した歯磨きが可能となります」。

 

安定した再現性と正確な動作が大切です(梅田)

やはり『バランス』がポイントなのですね(東田)

東田文太郎さん/東京では東京クラシック、関西はオリムピックゴルフ倶楽部のメンバー。神戸と東京を行き来するため、ゴルフは月2、3回。ベストスコアは梅田さんと同じく78。

「歯磨きも『バランス』が大事なのですね」と頷く東田さん。実は東田さんは『マイソール®』という、整形外科医監修のもと、義肢装具士と理学療法士が中心となって開発された完全オーダーメイドのインソールを作る会社の代表である。個々人の特徴、足底検査、カウンセリング後、歩行など動作確認を経て、足型を採取・形成し、まさに「マイ」ソールを具現させている。

本来は動作改善を目的とした医療装具であるが、ストレスのないフットワークと故障の回避を求め、アスリートの利用者も多い。いうならばドラマ『陸王』の「シルクレイ」のような存在である。「私のクリニックでも、歯磨きだけでなく、口腔内全体の『バランス』を最重視した、全体治療にこだわっています」。

そして梅田さんはソニッケアーの質感の高さにも好印象。「もの作りの町で知られる金物産地の新潟県三条市出身ということもあり、プロダクトとしての、作り込みの精度の高さも気に入っています」。

初めてソニッケアーに触れたという東田さんも「カッコよくて上品ですね。持った感じもしっくりとして気持ちいい。この後、買って帰り、セルフケアに励みます!」。「私は『マイソール®』作ります」。

 

フィリップス ソニッケアー/ダイヤモンドクリーン スマート

 

ブラシ振動数は約31,000/分。様々なニーズに対応する4つのヘッドが用意され、それぞれのブラシヘッドを装着するだけで、おすすめのモードと強さを自動設定してくれるインテリジェントな“ ガジェット”。さらにブラシヘッドの交換時期もハンドルのランプによって表示。正確で確実な歯磨きをスマートにサポートする。グラスのコップは充電機能付き。

 

お問い合わせ/フィリップスお客様情報センター

TEL: 0570-07-6666   https://www.philips.co.jp/ 受付時間9:00~17:30( 土・日・祝除く)

 

Photos/Eigo Shimojo Text/Jun Nemoto