ゴルフフェアでのファッションショー How Much vol.7

先日のゴルフフェア会場で開催された「UPDATE STYLE presented by Double Eagle」ファッションショー。春夏のゴルフスタイルのお手本をたくさん目にすることができた。とはいえファッションショーなので、いくら気になったスタイリングがあっても、そのお値段も問い合わせ先もわからない。そこでWEBでは“実際、いくらなの?”というリアルな疑問に答えながら、ファッションショーを振り返る、その第7回。

ポロシャツ¥18,000(ジェイダブルオー)、ハーフパンツ¥22,000(トラット)問スタッツ tel:03-3441-2900

ハーフパンツをよりスタイリッシュでリラックスしたスタイルにまとめるには、ポロシャツにもワザがほしい。このポロシャツは襟がクリッパー風で、ちょっとラフに見せられるところがポイント。カラーもスポーティなビビッドとは違うトーンがこなれている。グラフィックなパターンが入ったハーフパンツとの相性もよく、大人のリゾートゴルフスタイルをスマートに表現している。

 

セーター¥42,000(サマス)問フラッグ tel:03-6455-5205、パンツ¥34,000(シェルボ)問グリップインターナショナル tel:03-6408-8686

夏に向けて、ホワイトのパンツはスポーティで涼しげに見えるので、コーディネートの中で存在感を見せてくれるアイテム。そのトップスを選ぶなら、ブルーかネイビーであれば安心感は高い。コンサバ風とはいえ、好感度の高いスタイルなので、よそゆき感覚を取り入れるならピッタリだ。ブルーのニットは早朝のスタートや、クラブハウスの中にいるときに、はおっていればポイントが高そうだ。

ゴルフOKで価格もToo Muchではない機械式時計

フィル・ミケルソンも腕時計をしたままプレーするひとり(Photo by GettyImages)

機械式時計は、金属製の歯車・ゼンマイ・バネ・ネジ・プレートなどのアナログパーツが直径30mm・厚さ5mm程度に組み上げられ、1秒という単位をより正確に表示させている。一日の平均誤差は高品質の時計でマイナス3秒からプラス5秒以内、一般的にはプラスマイナス10秒以内は許容範囲内とされている。

スイングなどでの手首への衝撃が故障の原因となることが多いとされるが、その症状としてあげられるのが、細かな部品の変形、部品同士の噛み合わせが外れる、ローターが外れる、ネジが折れて時計内部から音がする、針が外れるなどだ。

その中でも、衝撃によって“ヒゲゼンマイ”の動きが不安定になることが大きなリスクとしてあげられる。このボールウォッチ『エンジニア 2 マグニートー S』は、ボール ウォッチが開発した「スプリングロック」によって、ヒゲゼンマイへの衝撃の影響を最大で66%緩和し、時計の精度を安定させる世界初の耐震装置である。

ボールウォッチ『エンジニア 2 マグニートー S』

メーカーが独自開発し特許を取得しているにも関わらず、開発コストを販売価格に転嫁していないため、従来かなり高額になりがちな、衝撃に強い機械式時計の中では特段に安い。

ブラックをメインとした武骨で飽きがこないデザイン。シンプルなダイヤルデザインのため視認性が高く、直射日光下においても正確な時間が瞬時にわかるのもポイントだ。このブランドの特徴でもあるダイヤルと針にセットされているマイクロガスライトが発光することで、曇天時で薄暗い環境下でも文字盤が見やすい。

ファブリックストラップ(布製ベルト)を採用していることで重さを感じにくく、着用時の違和感が金属ブレスレットの時計よりも少ない。大型の時計とは違い、42mm径であれば手首の動きに影響は少ない。デザイン性の高さに加え、ボール ウォッチの時計は装着したままであっても衝撃が強いゴルフなど、様々なシーンで着用することが可能。ゴルファー仕様ともいえる1本である。

ボール ウォッチ/ エンジニア 2 マグニートー S(NM3022C-N1CJ-BK)

自動巻(BALLキャリバー RR1103-CSL)、スイスCOSC公認クロノメーター、特許取得の耐震システム「スプリングロック」搭載、耐衝撃性 5,000Gs、耐磁性 最大80,000A/m(特許取得のA-PROOFR 耐磁システム)、防水性 100m ¥360,000

 

supported by 時計修理のウォッチカンパニー

量販とは違うダブルイーグル銀座セレクトのレアブランド 4

トラット

 ゴルフスタイルのパンツというと、素材やシルエットなどは気にしないとばかりに、動きやすさが重視されがち。もちろんいくらスタイリッシュであっても、プレーすることを無視したようなパンツでは困るのだが…。機能性とルックスがバランスよく両立するゴルフウエアはなかなかお目にかかれない。とりわけパンツはその傾向が強い。妙にゆったりとしたシルエットや、コース以外では目にすることがないようなテロテロ、ペナペナな質感など、その典型かもしれない。

 トラットは日本では数少ないパンツに特化したブランド。それゆえにそのクオリティにはこだわりをもつ。その特徴はストレッチ性に代表されるプレーウエアとして機能性は担保しながら、デザインはデイリーウエアの延長線上で考えられている。一見してわかるようなアスリート感はないが、ゴルフスタイルにスマートさを求めるなら、頼りがいのあるパンツといえる。もしもゴルフシーン以外ではいたとしても、今どきのおしゃれ感があるパンツというのはある意味で新機軸であり、貴重な存在だ。

 このパンツもテーパードした細身のこなれたシルエット。素材はポリエステルにコットン、さらにリネンが加えられている。割合としてはわずかでありながら、リネンらしい風合いが生かされていて洗練されたイメージだ。ゴルフウエアでは数少なくなったタックだが、ファッションシーンではリバイバル中。このパンツもタックが効果的なアクセントになっている。過度なデザインやカラーで主張することがないのも、まさにデイリーウエアらしさを尊重した結果といえるだろう。足をすっきりと見せてくれることは確実だ。

 各¥22,000(トラット)

 問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363