ベストスコアを支えてくれる仕事人/ゴルフ場支配人

メンバーでなければ、もちろん顔も名前を知らず、おそらく出迎え、見送りのときに玄関で挨拶してくれるブレザーを着ている方。それがコース支配人のイメージでは。日中はコースでプレーする私たちは知らない支配人さんのお仕事とは?

三井支配人は温厚なジェントルマン

お話を聞かせてくれたのは千代田カントリークラブ支配人の三井茂さん(55歳)。大学卒業後、外食産業に入社。その後28歳でゴルフ業界へ転身。2007年にPGMに入社。いくつかのコースの支配人を務め、2017年から現職に就く。

普段のスケジュールは、最初の組がスタートする1時間前には出社。クラブハウス内外をくまなくチェック。玄関前でのお出迎えは最低1時間以上。そのあと、朝礼、営業ミーティングをこなし、昼食。午後は再びクラブハウス内の巡回。細かなところまで目を配り、その都度、スタッフと話し合いをもつ。午後のお見送りも1時間以上。そのあとはコースをまわり、自分の目で状態をチェック。夕方はスタート表などを確認しながら翌日の準備。詰まらずにまわれるように配慮して、スタート時間の変更を勧めることもある。そして18時が退社の目安だ。

そんな日常では思いもつかいない日もある。

やはりコースにとって一番の悩みはみずからの努力ではどうにもならない天候。千代田カントリークラブでは、降雪や台風などによるコースのクローズが年間5日くらいあるそうだ。クローズの判断は前日であれば、翌日の荒天が予想され、予約が2~3組の場合。当日早朝から降雪が激しい場合などという。

三井支配人が冷や汗をかいた朝は昨冬のこと。その日は前日にも雪が降る天気予報は出ていなかったので、いつも通りにコースに向かった。するとコースに向かう途中から激しい雪が降り出して、みるみるうちに雪が積もってきた。クラブハウスには、すでに30組がチェックインしている状況、これはマズい・・・。急に降り出した雪だけに、当然ラウンドできると思っているお客様からの「クローズするのか? 早く判断してくれ」という声も聞こえてくる。

このままお客様を待たせておくわけにはいかない、早くジャッジしなくては。その段階で天気予報では、午後には天候が回復するらしい。なんとかスタートできるか。けれどこれだけ雪が積もれば、まずボールは捜せないし、もっと怖いのはカートが雪で事故を起こす危険性がある。今日はセルフでまわすわけにはいかない、全組にキャディをつけてスタートするしかない。ところが想定外の状況、あらかじめスタンバイしているキャディが5~6名も足りない。一刻も早く判断しなくてはならないところに難問が立ちふさがる。

支配人はすぐに近くのセゴビアゴルフクラブ イン チヨダに連絡をとった。なんとかキャディをこちらにまわしてもらうことはできないか? 向こうもてんてこ舞いのはずだったのだが、思いがけない返事が。セゴビアはクローズとなり、キャディをすぐに手配してくれるとのこと。これでひと安心、支配人は胸をなでおろした。この日はクローズすることなく、予定より約2時間後から全員スタートできた。10時30分くらいには雪は上がり、午後から晴れてラウンドは無事終了。

支配人が躊躇している姿はお客様にも、スタッフにも見せられない。三井支配人はハードな朝を無事に切り抜けた。私たちがスコアに一喜一憂しているゴルフの一日を、陰から支えてくれている仕事がある。

 

千代田カントリークラブ/杉本英世設計による東・中・西コースの27ホール。コースの高低差が3mというフラットな林間コース。四季が織り成す自然に彩られたコースは美しく、戦略性にあふれる。PGMが保有、運営するゴルフ場の中で、日本を代表する威厳と品位を備えたハイグレードなゴルフ場として厳選されたGRAND PGMのひとつ。●茨城県かすみがうら市上佐谷877-6 TEL.0299-59-3030

【ご招待】Double Eagleメルマガメンバー限定企画:PGAシニアツアー マルハンカップへ行こう!

5度目の栄冠は誰の手に!?

今週末(8/4、8/5)「太平洋クラブ六甲コース」で開催される【PGAシニアツアー マルハンカップ 太平洋クラブシニア】にシニアトッププレーヤー達が、集結する。レジェンド達が繰り広げる熱きバトルを、その目、その肌で感じてみては如何だろうか?

今回、Double Eagleメルマガメンバー限定の特別招待を得ることができた。

下記の「こちら」をクリックし、「招待券」をプリントアウト、もしくは、画面提示でどなたでも入場出来る(人数制限なし)。

ぜひ、この機会にレジェンド達の”いぶし銀テクニック”をご覧頂き、自身のプレーにも反映してもらいたい。

ちなみに「北海道グルメフェア」「スナックゴルフ」など観戦以外でも楽しめるイベントも盛りだくさん用意されている。

普段はゴルフに行くことを後ろめたく思っているお父さんも「子供と出かけてくるよ!」で胸を張って大好きなゴルフへ出かけられるチャンス!?

入場券はこちらから

主催:株式会社 太平洋クラブ

特別協賛:株式会社 マルハン

主管:公益社団法人 日本プロゴルフ協会

特別協力:株式会社 GAORA

大会に関するお知らせは:(公社)日本プロゴルフ協会:TEL.03-5472-5503  ㈱太平洋クラブ:TEL.03-6430-2036

 

 

スマートゴルファーたちの自分磨き vol.2

歯科医師使用率No1ブランドが放つ、自信のフラッグシップモデル、

「フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」。

プロダクトとしての完熟度が、二人のスマートゴルファーを魅了する。

スイング、歩行、歯磨き、全て『バランス』が肝心。

梅田和徳さん/理事長を務める『KU 歯科クリニック』は、銀座、青山、渋谷を始め、7つのクリニックを展開し、口腔内全体の『バランス』にこだわった、専門スタッフによるチーム医療を提供する。www.keiwa-Kai.com

高校では野球、大学時代はアメリカンフットボールと、スポーツマンの歯科医師・梅田和徳さん。ゴルフのハディキャップは14で、ベストスコアは78。2年前に戸塚カントリー倶楽部の会員となって以来、ゴルフに前のめりという。

「戸塚カントリー倶楽部は一人で参加される方も多く、私も時間が空いた時に気軽に訪れ、大体週2回はラウンドしています。そしてメンバーの方々との交流もまた楽しみの一つです」と、クラブライフの醍醐味を堪能する梅田さん。

梅田さんと同じく、アメリカンフットボール経験のある東田文太郎さんは、甲南大学ではランニングバックとキッカーを務めていた本格的アスリート。アメフトで鍛えた肉体と綺麗な歯が印象的なナイスガイだ。

「歯医者さんで綺麗にメンテナンスしてもらうのが好きで、毎週でも行きたいのですが、お医者さんからそこまではと言われ、2週に一回ぐらいにしています(笑)」と、こちらは歯科医院通いが月2ペース。

これを聞いた梅田さんも笑顔を見せ、「プロによるケアを習慣にされているのは理想的。これに日々のセルフケアである歯磨きも正しく行えば完璧ですね。歯磨きで大切なのは、左右のバランスよく、正確な動きと、強さで、確実に磨くこと。右利きの方は左側の歯を磨く時、脇が開くのでゴルフのスイング同様、左右対称の安定した動作が難しくなります。そこで有効なのが電動歯ブラシ。私も使っているこのソニッケアーの音波式電動歯ブラシはブラッシング能力がとても高く、手では再現できない高速で均一な振動により、正確で安定した歯磨きが可能となります」。

 

安定した再現性と正確な動作が大切です(梅田)

やはり『バランス』がポイントなのですね(東田)

東田文太郎さん/東京では東京クラシック、関西はオリムピックゴルフ倶楽部のメンバー。神戸と東京を行き来するため、ゴルフは月2、3回。ベストスコアは梅田さんと同じく78。

「歯磨きも『バランス』が大事なのですね」と頷く東田さん。実は東田さんは『マイソール®』という、整形外科医監修のもと、義肢装具士と理学療法士が中心となって開発された完全オーダーメイドのインソールを作る会社の代表である。個々人の特徴、足底検査、カウンセリング後、歩行など動作確認を経て、足型を採取・形成し、まさに「マイ」ソールを具現させている。

本来は動作改善を目的とした医療装具であるが、ストレスのないフットワークと故障の回避を求め、アスリートの利用者も多い。いうならばドラマ『陸王』の「シルクレイ」のような存在である。「私のクリニックでも、歯磨きだけでなく、口腔内全体の『バランス』を最重視した、全体治療にこだわっています」。

そして梅田さんはソニッケアーの質感の高さにも好印象。「もの作りの町で知られる金物産地の新潟県三条市出身ということもあり、プロダクトとしての、作り込みの精度の高さも気に入っています」。

初めてソニッケアーに触れたという東田さんも「カッコよくて上品ですね。持った感じもしっくりとして気持ちいい。この後、買って帰り、セルフケアに励みます!」。「私は『マイソール®』作ります」。

 

フィリップス ソニッケアー/ダイヤモンドクリーン スマート

 

ブラシ振動数は約31,000/分。様々なニーズに対応する4つのヘッドが用意され、それぞれのブラシヘッドを装着するだけで、おすすめのモードと強さを自動設定してくれるインテリジェントな“ ガジェット”。さらにブラシヘッドの交換時期もハンドルのランプによって表示。正確で確実な歯磨きをスマートにサポートする。グラスのコップは充電機能付き。

 

お問い合わせ/フィリップスお客様情報センター

TEL: 0570-07-6666   https://www.philips.co.jp/ 受付時間9:00~17:30( 土・日・祝除く)

 

Photos/Eigo Shimojo Text/Jun Nemoto