【ご招待】FLY ME TO THE PARADISE@宮崎フェニックス・シーガイア・リゾート

FLY ME TO THE PARADISE

日本を代表する名ゴルフコースと壮大なスケールを誇るリゾート空間、まさにゴルファーズパラダイスと呼ぶに相応しいワールドクラスのポテンシャルを有する『フェニックス・シーガイア・リゾート』。そのシンボルの一つ、高層タワーホテルの『シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート』がスマートなアップデートを果たしたと聞き、早速、宮崎へと飛んだ。

リゾート気分を満喫しつつ腕慣らしの1ラウンド!

宮崎空港から直接『トム・ワトソンゴルフコース』に向かい、腕慣らしの1ラウンドを楽しむ。専用クラブハウス、1グリーン、GPS乗用カート、ナイターゴルフ、ホールローテーションの変更など、ハード・ソフトの両面で次々とリノベーションを遂行し、洗練を纏った先進のリゾートコースとしてのアップグレードが完了。ストレスのない心地よいラウンドを堪能となる。快適なラウンド環境の一方、スコアメイクは甘くない。

コースは両サイドを松林に囲まれ、常時「絶対曲げてはいけない」プレッシャーが続く。さらにフェアウェイに配された松の木がアングルに制約を与えることも多く、腕慣らしのつもりが、いつしか腕試しとなる。快適でいてかつ手強いラウンドを満喫した後、『シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート』へ。羽田・宮崎間のフライトは1時間半。空港から『トム・ワトソンゴルフコース』まで20分。東京からでも10時前後のスタートであれば余裕でティグラウンドに立つことができ、ラウンドを終えるとちょうどチェックインタイムの頃。何かとスムーズで都合がよいわけだ。そして翌日は『フェニックスカントリークラブ』でのラウンド。ゴルフクラブはコースがフォワードしてくれるので、荷物は旅支度のみというのもスマートだ。

専用ラウンジにて極上ステイの始まり

今回は36階〜41階のプレミアムカテゴリー「クラブフロア」を利用のため、36階に位置する専用ラウンジ『Sheraton CLUB』にてチェックイン。438㎡という贅沢なスケール、洗練されたインテリア、そして日向灘の大パノラマに抱かれながら、恵比寿の人気店『猿田彦珈琲』とのコラボレーションによる一杯にてリラックス。

ティータイムの他、宮崎の野菜やフルーツを中心にした朝食ビュッフェ、バータイムには宮崎の焼酎やワインなども自在に楽しむことができる(全て宿泊料金に含まれる)。コーヒーブレイクで和んだ後、ゲストルームへと向かう。ここでもまた高層階による雄大な景観と、「クラブフロア」専用の心地よいモダンデザインに包まれ、上質な癒しのひと時を満喫。そしてパウダールームからも美しい水平線を望む。

さて下記の2枚の写真、この部屋の何気ないがインパクト大の快適のツボを捉えたものだが、お気づきだろうか。

実はソファーが回転式となっており、景色を見ながらクールダウンの時は窓側に向け、会話を楽しむ時は部屋側にと、その場でくるりとフレキシブルに回すことができるのだ。これがよく出来ており、快適な滞在をさりげなくサポートしてくれる(自宅にも欲しいほど)。専用ラウンジからゲストルーム、どこにいてもシームレスな快適を享受できるのが堪らない。

もう一つのラウンジ空間「風待ちテラス」

充実の『Sheraton CLUB』だが、ダブルイーグル4月号でも紹介しているロビー階(2階)に位置する宿泊者専用の共用エリア『風待ちテラス』も要チェックスポット。「風待ち」とは順風を待つ状態の船乗り言葉で、ゲストの目的地(アクティビティや観光や次の旅先など)が決まるまでのひとときをゆらりと過ごす、「旅はじめ」と「羽やすめ」の場となっている。ライブラリースペースにはブックセレクターの幅 允孝氏によって「旅」をテーマにした本が集められ、自由な閲覧が可能。


『Sheraton CLUB』同様にコーヒーにもこだわっており、宮崎市のコーヒー豆専門店『なかはら珈琲工場』の豆を使ったハンドドリップコーヒーが、街のカフェ感覚のリーズナブルな価格で楽しる(500円)。ボリューム満点のサンドイッチや特製スイーツもおすすめで、地ビールやワインも揃う。

そして『風待ちテラス』にはカフェ風のテーブル席から、USBジャックを備えた松林を望むソファー席、小上がりのようなリビング風の空間まで、様々な「過ごしの場」が用意されている。

加えて注目が「レタールーム」。書斎のごときオーセンティックな空間に万年筆から色鉛筆まで様々な筆記具が用意され、シーガイアオリジナルの絵葉書を選んで専用ポストに投函すれば、無料で郵送してくれる。のんびりと風を待ちながら手紙を書き。わずかな時間だとしても贅沢な過ごし方となる。

イタリア料理界のレジェンドシェフの味探訪

ディナーは『シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート』の42階に今年の2月オープンしたばかりの『リストランテ・アルコ』にて。天空のごとき圧倒的なロケーションの中、銀座の人気店『LA BETTOLA da Ochiai』の落合務シェフ監修によるイタリア料理が楽しめる。なんとも贅沢で貴重なグルメ環境、このチャンス逃すわけにはいかない。宮崎を「食の宝庫」と評する通り、野菜、魚、肉、宮崎の旬の素材を積極的に取り入れた、華やかで、贅沢で、楽しくて、斬新で、美味しくて、変幻自在の落合ワールドが展開されていく。

そしてシェフのスペシャリテである「ウニのクリームソーススパゲッティ」もオンリスト! 苦労の予約の末に銀座の路地裏で辿り着いた名物パスタを、旅先のリゾートで食せるとは。

ゴルフ、ラウンジ、コーヒー、テラス、グルメ……、充実のリゾートライフにどっぷりと浸りきり、まだ到着1日目ながら、2、3日過ごしたような気分。おっとまだ森松林に囲まれた温泉施設「松泉宮」にも浸からんと。宮崎焼酎バーの『さけのみや』も気になりで。そして明日は『フェニックスカントリークラブ』でのラウンド。身も心もお腹いっぱいなパラダイス巡りの旅である。

フェニックス・シーガイア・リゾート 〒880-8545 宮崎市山崎町浜山 tel: 0985-21-1113 (総合予約センター/9:00~19:00)
www.seagaia.co.jp

さてさて【ご招待】のお知らせを1つ。上記で紹介した旅程の中から①シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート「クラブフロア」での宿泊(1泊2食付)、②トム・ワトソンゴルフコースでの2サムラウンド(セルフプレーフィー無料券)をセットでペア1組にプレゼントいたします。

ご応募はこちらから。*応募締切は2017年6月20日 23:59まで

 

DE DRIVE : 特別プレゼントキャンペーン – Maserati x ザ・リッツ・カールトン沖縄 x かねひで喜瀬カントリークラブ-

大好評の「ゴルフ旅」プレゼント!

FLY ME TO THE PARADISE

– The New MASERATI QUATTROPORTE × THE RITZ-CARLTON, OKINAWA x KANEHIDE KISE COUNTRYCLUB –

魅惑のドライブ&ステイ。エッジーなフロントマスクとグラマラスなボディ、官能的なエグゾーストノート、見るのものを一目で魅了する絶対的オーラを纏い、スポーツセダンの極みを具現する<マセラティ クアトロポルテ>。南の島の憧れの5つ星リゾートを舞台に、そのエモーショナルでいて優雅な走りの世界を堪能する、魅惑のパッケージが誕生した。

THE RITZ-CARLTON, OKINAWA 洗練のリゾートに抱かる、至福の“マセラティライフ”

スペシャルコラボレーションの舞台となる『ザ・リッツ・カールトン沖縄』。

メジャートーナメント開催でも知られる名ゴルフコースに囲まれ、沖縄本島の中で最も美しいといわれる、エメラルドブルーに染まった名護湾を望む絶好のロケーション。まさに「舞台」と呼ぶに相応しい最高の環境が揃う、優雅な5つ星ゴルフ&スパリゾートだ。那覇空港からは車で約75分のアクセスとなるが、ホテルにはマセラティのスーパーマシンが待っている。優雅なリゾートライフを味わい尽くすのであれば、プライベートリムジンサービスをホテルにリクエストするのもいい。空港のターミナルを出てすぐに乗り込める利便性と快適性、そして利用時間と距離を考えればむしろリーズナブルな選択ともいえる(16,000円~4名まで)。沖縄自動車道を北上して終点まで進むと、そのまま名護湾のコーストサイドに伸びる58号線に合流となる。エメラルドブルーの海が目に飛び込んできたらほどなくしてリゾートのゲートへと到着。続いてリゾート内の専用道路に入ると、整然と並んだアダンの並木が続き、すぐ横にはゴルフコース。リゾート気分がさらに盛り上がる。ホテルのエントランスは、ラグジュアリーながらもプライベート感満点で、「アンダーステイトメント」の粋というか、その控えめな有り様はホテルというより個人の邸宅のよう。マセラティでのバレーパーキングもいかにも様になりそうだ。

ラグジュアリーながらもプライベート感に満ちたリゾート空間で、「マセラティのある生活」がスタートする。スタッフに暖かく迎えられてロビーに入ると、その向こうに広がるのは青空とウォーターガーデン。

水と石が織りなすパースペクティブは、昼の爽やかな南国情緒から、夜になればホテルの外観と相まってロマンチックな劇場空間に。

緻密に計算された設計によって、ロビー、レストラン、テラス、客室、廊下、ホテルの随所から、様々に切りとられた幻想的なパノラマを楽しむことができる。ホテル内の移動さえも心躍る小さなツアーとなるわけだ。

ドライブ、ゴルフ、スパ、グルメ……感動コンテンツ満載のスーパーステイ

今回の「ザ・リッツ・カールトン沖縄 マセラティ・エクスペリエンス」は2泊3日を基本単位とし、「マセラティ」をキーワードとした、多彩なコンテンツを楽しむことができる。まずは滞在中、マセラティのフラッグシップ・スポーツセダン<マセラティ クアトロポルテ S>が用意される。

クアロトポルテの優雅でいてレーシーな熱い走り、沖縄のドラマチックな自然に抱かれての爽快なドライブ、前述の通りプライベート感溢れるエントランスでのバレーパーキング……、マイカーのごとく自在にクアトロポルテを利用することができ、快適な滞在と共にオーナー感覚も満喫。そしてホテルには特別仕様の『マセラティルーム』が登場。人気の「プレアミアムデラックスルーム」(58㎡)をベースとし、スイート以外では最上位のカテゴリーとなるタイプだ。

 

角部屋ならではの開放感と壮大なオーシャンビュー、そして広々とした眺めのいいリビングと共に快適な滞在を約束する。さらなる贅を極めるのであれば、最上階の「ザ・リッツ・カールトン スイート」(105㎡)を使用したプランを選択することも可能。

リビング、ダイニング、ベッドルーム、オーシャンビューのバス……、スイートならではの装備と広さはもちろんのこと、沖縄唯一の270度のビューを楽しめる大型屋外ウッドテラス(下)を備え、その面積は客室とほぼ同じ約100㎡! ジェットバスと大型のリビングセットも配されており、「過ごしの場」としてのポテンシャルを十分に有する。

どちらのタイプも、特製クッション、バスローブ&タオル、ベットスロー、ミニチュアモデル、写真集、ロゴ入りクッキー……など、各所にマセラティを感じるアイテムがちりばめられ、客室のキーが入ったマセラティの「トライデントロゴ」の刻印入りレザーケースは、ゲストへプレゼントされる。

さらにマセラティ・エクスペリエンスには、隣接する『かねひで喜瀬カントリークラブ』での1ラウンド(2名分)も含まれ、ゴルフ以外に『ザ・リッツ・カールトン スパ by EPSA』でのパーソナライズ・マッサージの選択も可能。この他にも「ザ・ロビーラウンジ」においては特別仕立ての「マセラティ アフタヌーンティセット」が供されるなど、優雅で希少なリゾートライフを堪能すべく、多彩なコンテンツが待ち受けているのだ。

イタリアと沖縄、そして美学と美食が融合

オプションとはなるが、マセラティのスペシャルディナーも登場。沖縄の地産素材を積極的に取り入れたイタリア料理を提供する『ちゅらぬうじ』では、総料理長のジャンルカ・ヴィサーニ氏が、マセラティからインスパイアされた、美しく斬新な料理を提案。「柔和」と題された青い皿はタコとセミドライトマトを使った前菜。見た目にも沖縄の美ら海を感じさせる一皿だ。続く「空気」はその名の通り、シチリア伝統のレモン風味のソースをふわふわのエスプーマ(=泡)に仕立て、その中に覆われているはウニ。食材の名をストレートに冠した「サーモン」は絵画のような赤と黒の斬新なルックスで、赤カブのソースにイクラとキャビアが添えられた贅沢な一皿。隣の口直しのシャーベット(グラニータ)は「草原」と題され、リンゴの酸味とほのかな甘みで爽やかなひととき。そして「ラグー」として供されるパスタは、マセラティの創業地(1914年)ボローニャの「ボロネーゼ」のホワイト版をイメージして作ったという。ポルチーニ茸の風味とホワイソースが絶妙で、繊細でいて強い味わいに魅了される。「アフォガート」は本来、アイスやジェラートに飲料をかけて食べるデザートを指すが、ここでは沖縄産の高級魚「赤仁ミーバイ」(スジアラ)をアイスの食感のようにふわりと滑らかに仕上げた魚料理となっている。「タリアータ」は沖縄産牛を使ったサーロインの薄切りステーキ。柔らかさと程よい歯応え、そして奥深き甘みと旨みが口の中に広がり、その余韻もまた美味。デザートの「ティラミス」は、ティラミススポンジとマスカルポーネをエクレア風のルックスによって愛らしく、そしてグラフィックに。繊細な盛り付けも味の一つで、ジャンルカ・ヴィサーニ氏の料理はご覧の通り、上から見ても絵画のような美しさを湛えている。そして各料理の頭文字を並べれば、「M・A・S・ E・ R・A・T・I」が完成。美しく、斬新で、セクシーで、力強く……、マセラティの美学にも共鳴する希少な美食体験となる。

メジャートーナメント開催の名コースでラウンド、あるいは優雅なスパで極上の癒しを

「ザ・リッツ・カールトン沖縄 マセラティ・エクスペリエンス」にパッケージされる『かねひで喜瀬カントリークラブ』でのラウンド。コースはクラブハウスを中心に、名護湾を見渡す東シナ海側に「オーシャンコース」、山手側に「ウッズコース」の各9ホールからなる。それぞれ個性豊かなホールが続き、高い戦略性で知られる沖縄を代表する人気コースは、2007年にPGAのメジャートーナメントである日本プロが行われた。そして今年5月、10年の時を経てさらなる成熟を遂げたコースを舞台に、再びのビッグトーナメントイヤー。「日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯」が開催となる。「オーシャンコース」はなだらかな斜面の地形を活かしつつ、ダイナミックな直線的なレイアウトのホールが連なる。フェアウェイは広いがスコアメイクには絶対的な飛距離が要求され、多彩なアンジュレーションは正確にボールをヒットするステディなショットが必要。シグネチャーホールの5番は『ザ・リッツ・カールトン沖縄』正面に位置し、池がグリーンを包み込む美しいホールのパー3ながら、建物による風の影響の計算が攻略の鍵となる。「ウッズコース」はティショットからクレバーなゲームプランが要求され、我慢強くひたすらにボールに向かい一打一打に集中する、ゴルフの真髄に触れる奥深きコースだ。9番ホールは名護湾とクラブハウスを見下ろす最長のホール。爽快なパノラマを堪能しつつ、グリーン周りの手強いバンカーを避け、しっかりと上がりのホールをまとめたい。

『ザ・リッツ・カールトン スパ by ESPA』もぜひとも体験したいコンテンツの一つ。

ホテル棟1階から美しい庭園を巡ると、豊かな緑の中に潜むスパ棟に。最高品質の植物エキスやマリンアクティブなどを原料とした英国ESPA 製品を取り入れたスパを中心に、屋内プール、ジャグジー、ドライサウナ、オリジナルの風化珊瑚タイル岩盤浴など、トータルなスパ体験に心ゆくまで浸ることができる。

そして、ここにご紹介したMASERATIで巡る魅惑のドライブ& ステイ(プレゼントは 1 泊2日)を抽選で1組2名にプレゼント !ぜひ、ご応募を。

ご応募はこちらから。(キャンペーン応募に関する諸注意事項はWEB応募画面でご覧ください)

*ご応募の締め切りは6月30日(金)23:59まで。

尚、その他、抽選に漏れた方から、さらに抽選で 30 名にマセラテイロゴ入「Titleist Pro V1」 1 スリーブ(3 個入)をプレゼントいたします!

箱根の森で出合ったスマートリゾート - NEST INN HAKONE –

MEETS COOL HIDEAWAY

日本のリゾート地のパイオニア、箱根・仙石原。その中心にモダンな「巣み処」を発見。昨秋にデビューした『NEST INN HAKONE』は、新たなるラグジュアリーを想像・創造し、アクセス抜群で広大なスケールを有しながらも、潜み、佇む、稀有な存在感を纏う。コンセプトもスマートで斬新な癒し空間に、新緑に抱かれた絶好のシーズンがついに到来!既にご存知の方々もいるだろうが、改めて紹介する。

こんなところにこんなことが!? 驚きと感動の中、潜みの境地に触れる

ダイナミックな自然の恵みに抱かれた、世界に知れる景勝地ながら、都心からのアクセスも良い箱根エリア。中でも仙石原は東名高速道路・御殿場インターからの利便性も高く、富士山の勇姿を眺めながら乙女峠を越えれば20分程度で中心エリアに。日本のリゾートコースのパイオニア『富士屋ホテル仙石ゴルフコース』、トーナメント開催でも知られる『大箱根カントリークラブ』、名門プライベート『箱根カントリー倶楽部』と有名コースも連なっており、ゴルフに温泉、そして好アクセスと、ゴルファーにとっては嬉しい環境が整っている。そんな魅惑のデスティネーションの中に、まさに「ひっそりと佇む」のが『NEST INN HAKONE』。それでいてアプローチも至極快適で、御殿場方面から国道138号線を利用であれば仙石原の交差点を直進し、『箱根ガラスの森美術館』を過ぎたところで左に入ればすぐに駐車場に到着となる。そこからはスタッフに案内され、海のリゾート気分でカートに乗って、ゆらりとホテルのエントランスへと向かう。するとほどなく「NEST」(=巣み処)の名のごとく、森の中にモダンデザインを纏ったレストラン、宿泊棟、レセプション施設が姿を現す。訪れた人は「こんな所にこんなものが」(バス停も近く、公共交通機関を利用しても便利!)と驚きの声を上げることだろう。

ホテル内はスマートな空間ながらも自然と調和し、心地よい空気と時間が流れる。チェックインはコーヒーの香りが漂うカフェでというフリーアドレススタイル。取材で訪れたのは1月下旬、積雪も残る冬山真っ只中だったが、きりりと澄んだ空気、森の中に溶け込むカフェ、そこに差し込む陽光は心地よく、静寂に包まれた山荘ライフに早くも浸ることとなる。広大な敷地内には4棟の客室棟が点在し、様々なタイプが用意されているが、どの部屋からも自然のパノラマが広がり、短期間の滞在であっても「巣み処」気分を満喫。同時に、新緑から夏へと向かう季節の再訪を誓わずにはいられない。

豊かな自然に抱かれた、豊かな食体験

食事は、木材、ガラス、コンクリートが巧みな調和を織りなす『WOODSIDE』にて。ディナー時は窓から仰ぎ見る藍色の宵空や、夜のとばりが降りれば美しく輝く無数の星、凛とした月明かりもご馳走の一つ。シックな照明で彩られた落ち着いた空間と時間に身をゆだねながら、山荘らしい更け行く夜の気配も感じつつ、『WOODSIDE』が考える斬新で豊かな食の世界が展開されていく。料理は季節ごとの旬の地産品を中心に、素材そのものの味を最大限に引き出すことがキーコンセプト。とりわけ野菜へのこだわりが深いのが特徴で、野菜料理に留まることなく、肉料理においても「ルッコラで作ったソースが一番引き立つのは」という視点で肉を選んでいたりなど、まずは「野菜の味」ありきの発想を大切にしている。またオープンキッチンには薪を使用するグリルが設けられており、火加減と塩加減という調理の原点に裏打ちされた、シンプルながらも特別なメニューの数々と遭遇することに。厳選された上質な素材が持つ、膨よかで奥ゆかしい、「濃い」ではなく「強い」味の世界を実感することとなるのだ。大きなガラスのファザードによって周りの自然と溶け込む『WOODSIDE』は、夜の大人びたムードから、朝食時はたっぷりと朝陽が差し込み、心地よいリラックスモードに。

鎌倉の伝説的ベーカリー『パラダイス・アレイ』とのコラボによる、毎朝工房で焼き上げられた天然酵母を使ったパンを始め、無添加のジャム、新鮮な地産の野菜が用意されたブッフェ、多彩な自家製ドレッシング、薪グリルによる燻製ベーコン、スープ、卵料理など、旅館の朝御飯とは趣が異なるが、それに劣らぬハイライトが待ち受けている。そしてレストランとベーカリーは宿泊ゲスト以外にも解放されているので、日帰りゴルフの帰りに土産のパンを買いに行ったり、観光やドライブの際にはランチでの利用など、使い勝手の良いユースフルなアドレスとして機能するのも要チェックポイントだ。

非日常と日常のスーパークロスオーバー!

豊かな緑の中に、レストラン、宿泊棟、客室棟、温泉などが点在する『NEST INN HAKONE』。各コンテンツを巡る(スイング)、そぞろ歩き気分のプロセスもNEST INNならではの体験で、中でもユニークな施設が「FREE BIRD」という名のラウンジスペース。

一般のホテルにもラウンジは用意されているが、ここは独立した棟にあるためプライベート感満点で、自分の別荘や友人の家を訪れたような気分になる。のんびりと読書をするもよし、音楽を聴くもよし、ラウンジ前は広々としたウッドデッキのフリースペースとなっており、夏の夕暮れ時などはいかにも気持ち良さそうだ。取材で訪れた我々は食後の1杯、1本、いや2本でスーパーリラックス。冷蔵庫は山の外気。冬のスペシャルな夜長を味わい尽くすことができた。そして箱根ステイの楽しみといえば、やはり温泉。

大涌谷から直接引いた貴重な源泉掛け流しの湯が自慢のNEST INNの温泉施設「BIRD BATH」もまた独立棟となっており、緑のトンネルのウッドデッキの廊下を抜けると、総檜の浴室が待ち受ける。濃厚で少し白濁した源泉による美肌、保温効果に加えて、檜の香りと窓から望む森の姿がさらなる癒しを約束!施設を巡るだけでなく、チェックイン時にカートを利用した敷地内の私道を散策するのも心地よく、さらに周辺の自然もということであれば、レセプション機能を有するカフェで自転車(電動アシスト付)を借りて、プチサイクリングというてもある。さらに前述の通り、公共交通機関を利用したアクセスもよく、その際はホテルとのスペシャルコラボによるBMWのハイテクカーをレンタルしてもいい。

ご覧の通り、新世代ハイブリッド・スポーツカーの「i8」と、コンパクトな電気自動車「i3」が用意されており、マイカーで訪れたとしても気になるところだ。豊かな自然、モダンな空間、斬新な食体験、源泉掛け流しの温泉、ハイテクカー……、様々な要素がクロスオーバーする、非日常的でありながらも、家のごときプライベートな落ち着き。堪らないのである。

 

NEST INN HAKONE

〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1290
TEL:0460-83-9090