プレー中でも着けていられる超高級機械式時計

フランス生まれのリシャール・ミル氏は、大学を卒業後に幾つかのラグジュアリーブランドのマネージメントに携わり、モーブッサンのCEOを最後に努めた後、2001年に自身の名前を冠にした『リシャール・ミル』を創業した。

リシャールミル『RM010(RM010-RG)』

時計作りにおける哲学は、優れた専門家の力を借り、最高質のパーツを集め高度な技術を駆使したいわばレーシングマシンに匹敵する“エクストリームウォッチ”を製造すること。

軽量かつ極限状況でも使用可能な機械式腕時計は、加工が難しいチタンなどを用いた特殊な部品を多用しているため、ほとんどの製品は数百万円から一千万円以上であり、全て限定品。それに加えて“グラフTPT”など、新しい素材を導入し常に進化していることなどから入手困難なブランドである。

バッバ・ワトソンモデルの『RM055』

「時計の力を借りて賞金女王目指したい」と話していた青木瀬令奈(撮影:鈴木祥)

『リシャール・ミル』は優れた機械式腕時計でありながら、軽量でスポーティ、しかも頑丈であることも大きな特徴でもある。そのためスポーツとも良好な関係を保っている。ゴルフにおいても、ファミリーの一員であるバッバ・ワトソン(米国)や宮里優作が、『リシャール・ミル』の腕時計を着けたままプレーするのは有名だ。先日、青木瀬令奈も新たにファミリーに加わった。

ほかにも、プロテニスプレーヤーのラファエル・ナダル、F1レーサーのフェリペ・マッサ、陸上短距離走者のウェイド・バンニーキルク、元サッカーイタリア代表のロベルト・マンチーニ、プロ野球・阪神の金本知憲監督、スノーボード2014年ソチ五輪銀メダリスト竹内智香など、ファミリーにはスポーツシーンを代表する豪華なメンバーが揃っている。

リシャールミル RM 010(RM010-RG)

ムーブメント/自動巻き、持続時間/約55時間、可変慣性モーメントローター、文字盤/スケルトン、トランスペアレント サファイア クリスタル (0.40mm)、glareproof、素材/18Kローズ ゴールド、サイズ/48.00×39.70×12.60mm、防水/50m

supported by 時計修理のウォッチカンパニー