ゴルフウエアの実直なマイノリティー <ピークパフォーマンスvol.1>

もしもあなたがゴルフ以外にスキーやクライミングといった趣味をもっているなら、ピークパフォーマンスというブランドの名前を知っているかもしれない。シンプルでモダンなデザインを特徴とするファンクショナルなアウトドアウエアには定評がある。そしてこのブランドが進化の過程で、次なるステップとして手がけたのがゴルフウエアだ。

異色のバックボーンをもったピークパフォーマンスの横顔を、日本正規代理店である、RCTジャパンの鈴木彬史さんに聞いてみた。

現在スウェーデンの首都、ストックホルムにある本社

Q ピークパフォーマンスはどのように誕生したのですか

A ピークパフォーマンスは、1986年、スウェーデンのオーレという街で生まれました。オーレはスウェーデン随一のスキーリゾートで、ヨーロッパ中にその名前が知られていました。創業者はモーグルのワールドカップで何回もタイトルを獲得したスキーヤー、ステファン・エングストローム、スキー雑誌の編集長を務めていたピーター・ブロム、そしてアートディレクター兼デザイナーであるクリステル・マーテンセンの3人。

最初に手がけたのはこの街にふさわしくスキーウエアでした。その当時、今でこそスキーのひとつカテゴリーとして認知されているフリースタイルスキー(新雪の中でジャンプしたり、フリップしたりする)が、トレンドとして注目を集めていた時期でもありました。

Q どんなスキーウエアを提案していたのですか

世界中のスキーヤーに愛されるスキーウエア

A  3人はいうまでもなく自らも情熱をもって、雪山を愛していたスキーヤーでした。そしてスキーのトレンドがフリースタイルにシフトしていくことに彼らは気づいていました。そうなればウエアも当然変わってくる。当時主流であったフィット感を強調したシルエット、カラーも“色の爆発現象”と称されるほどの派手なものから、適度に華やかさをもったクラシックなスタイルが主流となるはず。これが彼らの抱いたイメージでした。

ここ数シーズンこそピークパフォーマンスのウエアは、アースカラーのような落ち着いた色合いが主流ですが、それまではデザインとして完璧に消化された、効果的な明るい発色のカラーが、創業以来の特徴でした。もちろんゴルフウエアもその延長線上にありました。

そしてアウトドアで活躍するウエアですから機能性も重視しました。その当時はナイロン素材に中綿を詰めただけのものが主流だったスキーウエアに、創業当時からゴアテックスを取り入れたり、素材の独自開発に励んだり、伸縮性の確保、動きやすい立体裁断などを積極的に取り入れていきました。そうした伝統はブランドのコアとして現在まで受け継がれ、ゴルフウエアにも形を変えながら継承されています。

Q 現在、ブランドはどのように成長しているのでしょうか?

A 彼ら3人が作り上げたスキーウエアは、シャモニーやサンモリッツといった由緒正しいスキーリゾートに広がっていきました。本物のスキーヤーのための、本物のウエアとしてヨーロッパを中心に高い評価を得ています。そしてヨーロッパ主要都市のハイブランドが並ぶストリートや高級デパートに店舗をかまえるまでになりました。そのユーザーは20代後半から60代まで、男女を問いません。ショップがある都市であれば、タクシーに乗ってブランド名を伝えたら、すぐに連れて行ってもらえますよ。

また日本をはじめとするアジアやカナダにも進出しました。そしてブランドの幅も広がり、ゴルフはもちろん、ランニングやワークアウトのためのウエア、タウンユースのカジュアルウエアなども手がけています。タウンウエアではファッションブランドのナイジェルケボーンとのコラボをはじめたり、常に新たな試みを続けています。

Q そんな中でゴルフウエアを提案するようになったきっかけは?

A ゴルフウエアを発表したのは19991年です。その当時、ゴルフウエアを作りはじめるにあたって、とりたてて大きな理由はなかったのではと思います。ただスウェーデンをはじめ北欧ではアクティブスポーツが特別なものではなく、日常生活にしっかりと根づいています。その最たるものがスキーであり、ゴルフも同様な存在なのです。ピークパフォーマンスはスキーウエアからスタートしましたが、ゴルフウエアも発信するようになったのも必然的なものだったに違いありません。

ただスキーやアウトドア向けのウエアに携わってきたことで蓄積されてきた、機能面などのノウハウをゴルフウエアに落とし込めたことに、アドバンテージはありました。またウエアを着用してヨーロッパツアーで活躍する、スウェーデンのプロゴルファーたちからのフィードバックを生かすことで、ゴルフウエアとしての成熟度が高まっているのも特徴といえますねか  

 

鈴木彬史/ピークパフォーマンスの日本総代理店であるRCTジャパン ライフスタイル事業部広報。スウェーデンの本社にも足を運ぶ。札幌出身で、スキーには幼少の頃から親しみ、今はゴルフにも熱中している。 

RCTジャパン tel:03-6303-1039