千葉バーディクラブからはじまる極上のゴルフライフ

メンバーとしてホームコースをもつことは、いうまでもなくゴルファーにとっての醍醐味。どこのコースのメンバーになるのかは、どんなゴルフライフを描いているのかを示すものでもある。「千葉バーディクラブ」からはじまるクラブライフは、ゴルファーにとっての理想を実現できる選択になる。

クラブハウスからいつもの道を歩き、スタートホールへと向かう。しかし、ティグラウンドに立つと、そこにはいつもとは違う風景が広がっている。それが「千葉バーディクラブ」の最大の魅力といえる。何故、同じ場所からの景色が、毎回違って見えるのだろうか? その理由は、そこには“生きた自然”があるからだろう。常に呼吸し、成長し続ける花や樹木たちが、季節によって、また時間によってさまざまな表情を見せてくれるからだ。

季節の花々がゴルファーを迎えてくれる

豊かな自然の中でも、特に目を奪われるのは、美しく咲き誇る花木の数々。その数は、日本で一番といっても過言ではない。その言葉通り、ここまで花木が咲き乱れるコースはお目にかかったことがない。

その美しさに惹かれるのはゴルファーだけではない。数多くの野鳥たちが集い、喜びの歌を奏でる。ここはまさに、生き物たちの聖域。この地に最初に足を踏み入れたゴルファーも、まずは彼らの仲間に入れてもらえたことに大いなる感動を覚えるはずだ。

ラウンドするたびに自然の小さな発見に気づき、感動する。こうした経験もホームコースをもてばこその贅沢だろう。

この「千葉バーディクラブ」は、見た目の美しさとは裏腹に、各ホールはそれぞれにプライドをもっており、ひと筋縄ではいかないのも特徴だ。全長7052ヤード、パー72。多くのフェアウェイは手強いドッグレッグ、いくつかのグリーンは池を小脇に抱え、プレーヤーを簡単には寄せつけない。どのルートで攻めるのが最も効果的なのかを楽しめる。ここなら挑戦意欲が掻き立てられて、ゴルフ本来のおもしろさが存分に味わえるはずだ。

モダンで洗練されたレストラン

コースに溶け込むようにたたずむクラブハウスは、戦うゴルファーに安らぎを与えるオアシスとなっている。自然光があふれる室内。カッシーナで統一されたインテリア。心のこもったもてなしに、丹精込めてつくられた料理の数々。そこに身を置くだけで、誰もが、心が解き放たれていくのがわかる。またフェアウェイサイドに立つヴィラ、サンクチュアリーフォレスト アラマンダに滞在すれば、プレーから離れた時間まで、コースの美しい自然に抱かれながら、極上のゴルフステイを味わうことができる。

リゾートステイ感覚を味わえるサンクチュアリーフォレスト アラマンダ

都心からわずか55分の地に広がる、選ばれし者たちの楽園は、至福の時間を過ごすのにふさわしい場所といえる。

会員募集要項

会員の種類/法人正会員(記名式1名)・個人正会員 募集口数/40口
(記名人数は法人、個人とも1名記名式。記名の範囲は法人会員で役員職1名を登録いただけます)

千葉バーディクラブ

  • 募集金額/830万円(消費税込み873.2万円)※内訳は入会金540万円(消費税込み583.2万円)、預託金290万円
  • 年会費/120,000円(消費税込み129,600円)

千葉県八街市小谷流591 tel:043-440-5888

さらにザ・バーディクラブでは、「千葉バーディクラブ」を含む3つのコースから、ホームコースとセカンドコース(1コースまたは2コース)を選べる、最大3つのコースでの共通会員も募集している。「千葉バーディクラブ」とともに用意されているのも、名門の誉れ高い格調あるクラブだ。

まずは「東京バーディクラブ」。武蔵野台地の起伏を生かした雄大なコースは、歴史が培ってきた格式と趣きがゴルファーを魅了する。圏央道の青梅ICより約10分。都心から約58分という好アクセスもポイント。もうひとつが日本を代表するトラディショナルリゾート、軽井沢で愛されてきた「中軽井沢カントリークラブ」。雄大な浅間山を望む抜群なロケーションの中で、ダイナミックにプレーを楽しめる林間コースだ。これらのコースを組み合わせることで、クラブライフは一段とグレードアップする。

共通会員(ザ・バーディクラブ)

[2コース共通会員]

  • 募集金額/1,200万円(消費税込み1,264万円)※内訳は入会金800万円(消費税込み864万円)、預託金400万円
  • 年会費/140,000円(消費税込み151,200円)

[3コース共通会員]

  • 募集金額/1,500万円(消費税込み1,580万円)※内訳は入会金1,000万円(消費税込み1,080万円)、預託金500万円
  • 年会費/160,000円(消費税込み172,800円)

※共通会員は、ホームコースでの競技、行事にのみ参加することができます。
※中軽井沢カントリークラブをホームコースとして指定することはできません。

◇視察プレーに関する問い合わせはこちら

◇資料請求についての問い合わせはこちら

詳細はこちら ザ・バーディクラブ