マキロイ、スイスアルプスでもナイスショット!

ついこの間まで、暑さにやられて、涼風が吹きぬける高原のゴルフコースに思いをはせていたが、今回、ローリー・マキロイが挑んだのは、高原どころか万年雪を間近に望む特設コース。

このティグラウンドからティショットを打つマキロイ

場所はスイスアルプスの名峰ユングフラウヨッホ。ちなみに海抜は3,466mの山で、富士山よりは低いとはいえ、眠気や息切れなど軽度な高山病に見舞われるという。いずれにしても、なかなかお目にかかれない、過酷なコースであることは間違いない。

このロケーションにコースを設けるとは…

プレーしたのは去る10月4日。天候は快晴とはいえ、その重装備ぶりを見ると、やはり山岳コースなどというフレーズではかたづけられないものものしさ。この日はオメガのゴルフチャレンジのために、9ホールが設置された。対戦相手は予選会を勝ちあがってきたスイスの若手ゴルファーたちだ。

中央がマキロイ

このゴルフチャレンジは、地の利もあるのか、スイス若手選手たちの勝利で終わった。プレー後のマキロイのコメントは、「グリーンの上のほうがやはりプレーしやすいですね」というナイスなジョーク。とはいえローリー・マキロイ。雪山という想定外な条件でも、若手ゴルファーたちが目を見張るようなショットを次々と放った。メジャー4回制覇の実力は、どんな環境でも発揮されるのだ。

この日、マキロイが着用したのは、オメガ「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター」。セラミック製のダイヤルにはレーザー加工で波が描かれ、同じくセラミック製のベゼルには、ホワイトエナメルでダイビングスケールが施されている。SSケース、ブルーストラップ、300m防水。

¥510,000(オメガ)問オメガお客様センター tel:03-5952-4400