HUGO BOSSのイベントにマーティン・カイマーが登場

「ボクのクラブを貸すから、最後は二人で勝負しよう!」

そう切り出したのは2010年「全米プロゴルフ選手権」と2014年「全米オープン」の覇者であり、2010年の欧州賞金王、2011年に世界ランキング1位に輝いているマーティン・カイマー。

10月17日に紫カントリークラブすみれコースでHUGO BOSS主催のイベント、「BOSS CUP JAPAN 2018」が開催され、スペシャルゲストとしてカイマーが登場した。参加者とカイマーのニアピンチャレンジがもうけられ、多くの参加者が涙をのむ中で、カイマーから大澤HUGO BOSS JAPAN代表取締役社長に、挑戦状が届いた。

自分のクラブを持っていなかった大澤社長に対し、「ボクの14本から好きなものを選んで打てばいい」とはさすがメジャーチャンプ。

トッププロの目の前で打つだけでも緊張するのに、そのプロ本人のクラブで打つとあって、体も回らない。勝負の結果はマーティンの勝利となったが、会場は多いに盛り上がった。

そんなお茶目な一面も見せるメジャーチャンプ、マーティンのボールをふと見てみると「59」の数字が。その理由について聞いてみると快く答えてくれた。

「ルーキーイヤーで出た欧州の下部ツアーで、2日目に59(1イーグル・12バーディ・1ボギー)でまわったんだ。それだけじゃなくて、当日の朝、前の組が遅れているからスタート時間を変更すると話をしてくれたスターターが、偶然にもその日が59歳を迎える誕生日だったんだ。スコアも嬉しかったけど、このミラクルもすごいと思った」。それ以来、ラッキーナンバーになっていると話したマーティン。この先、またミラクルを起こしてくれるかもしれない。