ゴルファーのニットがコンサバ一辺倒ではつまらない

ブルゾンやポロシャツといった化繊のアイテムがゴルフスタイルでは主役。だが化繊とは素材感がまったく異なり、暖かみのある風合いをもつニットが加わると、コーディネートは格段に深みを見せる。だからといって、コンサバで上品なおじさま風である必要はなし。スポーティさをもち合せていれば、遊びのあるデザインでもサマになる。そこにカシミヤの贅沢な質感を、さらりと加えたりしたら言うことなしだ。

 

重ね着したくないデザイン性勝負のニット

¥28,000(JWO)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

単色、無地が定番といえるタートルセーターは、どちらかといえば頼りになる脇役。だがこれは大胆にカラーを切り返したデザインが異色で、上に何かはおるのが惜しいような存在感がある。素材はウール、ナイロン、カシミヤ。遊びのあるニットは貴重な存在だ。

今すぐゲットするならこちら

 

カジュアルなパーカもニットなら大人仕様に

各¥33,000(JWO)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

一見、カジュアルなスウェットのパーカ風だが、ウール、アクリル、ポリエステルなどが混紡されたニット。表面はざっくりめな編み味と不規則な起毛によって、素朴で暖かみのある雰囲気をもっている。

今すぐゲットするならこちら

 

ブルゾンでカシミヤを個性的に着こなす

各¥39,000(JWO)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

カシミヤはソフトで抜群の肌ざわりよさ、上品な光沢感などが魅力として語られるが、通常のウールよりも保温、保湿、さらに伸縮性にも優れている。さらりとはおれるブルゾンとしても活躍できるはずだ。

今すぐゲットするならこちら

 

山でも街でもゴルフでも、ザ ノース フェイスなら大丈夫!

これからのシーズン、プレーウエアとしても、コースへの行き帰りにも活躍するダウンウエア。さまざまなブランドが手がけているが、やはりアウトドアブランドのモノが気にかかる。中でもザ ノース フェイスは、近年、タウンでもスマートに着られるデザインで圧倒的な支持を集めている。

そのザ ノース フェイスは、ダウンにもこだわりを見せる。それは三重の河田フェザーが生み出す、高品質の国内精製ダウンだ。超軟水によって、徹底的に羽毛の汚れが取り除かれている。それにより不純物を含まないダウンは、羽毛本来の保温、放湿性能が完璧に再現されているのだ。ゴルフシーンでも頼もしい存在だ。

 

過酷な環境にも対応できるダウンらしい暖かさ

ダウンジャケット¥32,000、ダウンベスト¥27,000(2点ともザ ノース フェイス)問ダブルイーグル恵比寿 tel:03-5464-3431

ダウンジャケットに用いられている、ビビッドなイエローとブラックのコンビは、ザ ノース フェイスらしい配色。ダウンベストはカモフラを巧みにアレンジ。タウンでもすんなり着られる高機能がブランドの人気の秘密だ。

 

「山」仕様のアンダーウエアは冬のコースでも活躍してくれる

アンダーウエア<シャツ>¥6,800、<パンツ>¥6,800(2点ともザ ノース フェイス)問ダブルイーグル恵比寿 tel:03-5464-3431

アンダーウエアが充実しているのもアウトドアウエアならでは。起毛感の強い裏地に、光電子ファイバーを利用した保温性。さらに汗冷えを防ぐなど充実の機能は、冬ゴルフでも頼もしい存在だ。

コレクターズアイテムでもあるスペシャルなマーカー

スコッティ・キャメロンがゴルファーにとって羨望のパターであることは、今さらいうまでもない。そんなパターを所有しているのならもちろん、いつかはキャディバッグの中に加えたいと思う向きにも、このスペシャルなマーカーは見逃せない。

上はマスターズに合わせて限定で登場したもの。なんとも贅沢なコラボだ。下はピースマークやクローバーといった馴染みのあるモチーフが刻まれている。いずれもプレミアム感があり、使うのを躊躇してしまうかもしれない。

 

2014年のマスターズに合わせて作られた限定マーカー

各¥60,000(スコッティ・キャメロン)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

2014年のマスターズは最終日に首位に並んだバッバ・ワトソンとジョーダン・スピースが最終組で直接対決した大会。あの興奮を共有している由緒正しい逸品だ。グリーン上でちょっと自慢話をしたくなりそうだ。

今すぐゲットするならこちら

 

ゴルファーにとっては極上のアクセサリーでもある

各¥20,000(スコッティ・キャメロン)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

それぞれの独特なデザインがスコッティ・キャメロンらしさを感じさせる。スクエア型のマーカーを縁取る文字まで気にかかるのだから、このブランドバリューには、ゴルファーは逆らえない。

今すぐゲットするならこちら