ちょっとスコティッシュジェントルマンを意識してコースへ

ゴルフが近代スポーツとして発展したスコットランドは、あの聖地、セントアンドリュースをはじめ、全英オープンが開催されるリンクスも数多く点在する。やはりゴルフのホームランドといえるだろう。そのためアップデートされてきているとはいえ、ニットなどゴルフウエアにも、スコットランドの香りを生かしたモノは少なくない。

ツイードのハンチングにニッカーズというのも本気とはいえ、ハードルは高い。ここまで頑張らずとも、由緒正しいスコティシュ(もちろんイギリスでもかまわないが)ジェントルマンのゴルフスタイルを目指すなら、ちょっとした小物を用意するだけですっかりその気分に浸れる。ちょっと大仰にも見えるが、こうした小物たちが、冬のゴルフコースには似合う。

 

クラシックなスキットルはコースの風景に似合う

各¥15,000(シンプソン ロンドン)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

寒さが堪える冬ゴルフには、スコッチウィスキーの入ったこのスキットルを、ヒップポケットポケットに忍ばせてラウンドというのも、まさにスコットランド流儀。スポーツドリンクとは違った、ちょっと洒落たエナジーチャージだ。

今すぐゲットするならこちら

 

備えつけの“靴べら”ではなくマイシューホーンを用意

各¥8,500(シンプソン ロンドン)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

ロッカールームでシューズをはきかえるときに使う、マイシューホーンをバッグの中からさりげなく取り出す。ジェントルマンズスタイルらしいこだわりだ。レザーをカーボン風に型押し加工した、メイド イン イングランドらしい風格が漂う。

今すぐゲットするならこちら

 

フツーのキャップやサンバイザーでは少しイメージと違う

左/¥7,314、右/¥7,962(2点ともオルニー)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

スコットランドテイストで揃えるとはいえ、ツイードの帽子ではさすがにコテコテ過ぎるので、リネンのハンチングを選ぶ。これは100年を超える歴史をもつイギリスの帽子メーカー、オルニー社製。そのフォルムにはどこか優雅さがある。

今すぐゲットするならこちら

 

6つのボールからゴルフの長い歴史に思いをはせる

¥25,000<6個セット>(セントアンドリュース コー)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

1400年代から1920年代に使用されたゴルフボールを、ハンドメイドで当時のオリジナルに忠実にリメイク。600年にわたるゴルフボールの変遷がひと目でわかる逸品は、こだわりゴルファーへのギフトとしても喜ばれそうだ。

今すぐゲットするならこちら

 

クラブメーカーの名前入りキャディバッグとお別れするには

キャディバッグとクラブメーカーを揃えることをやめるとしたら、かわりの目安をどうする? ひとつはキャディバッグを得意とする専業的なブランドを選ぶ。もうひとつは、自分が着ているウエアのブランドに合わせる、このあたりがステディな選び方になる。

とはいえ、やはりブランドネームやロゴが大きめなところは気になるのだが、キャディバッグに強いブランドであれば、クラブとのセット感はなく、お約束には見えない。またルックスを軽視できないウエアブランドのキャディバッグは、ロゴやブランドネームの主張は控えめで、デザインとしてのバランスがいい。それにそのブランドのウエアらしいデザインやカラーがリンクするところもスマートだ。

 

所有することに喜びを覚えるアメリカメイドの逸品

左/¥82,000<8.5inch/3.4kg>、右/¥110,000<8.5inch・3.0kg>(2点ともベルディング)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

キャディバッグはクラブを収納して、持ち運ぶためだけのものではなく、愛着を覚えるような男の道具と考えるなら、このベルディングは賢い選択だ。創業から半世紀近く、頑なにハンドメイドを貫くメイド イン USAのキャディバッグは、世界中から絶大な支持を集める。風格すら感じさせる逸品は、本物を知るゴルファーを示す象徴ともいえる。

今すぐゲットするならこちら

 

シンボリックな意匠が詰め込まれたデザイン

¥71,000<9型>(マーク&ロナ)問ダブルイーグル恵比寿 tel:03-5464-3431

マーク&ロナのゴルフウエアでもっとも印象的なのが、おなじみのスカルとカモフラ柄をミックスしたデザイン。キャディバッグのボディにもこのデザインが取り入れられている。ジッパーの持ち手や、ネームタグにもスカルがついて、マーク&ロナらしさは満点だ。

今すぐゲットするならこちら

 

シャープでミニマルな印象はウエアと変わらない

¥78,000<9型・47inch>(J.リンドバーグ)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

エナメル仕上げのPVCの艶のある黒と、ポイントに用いられた鮮やかなブルーの光沢のバランスがモダンでスポーティ。いずれのカラーもJ.リンドバーグのゴルフウエアではよく用いられるカラーだ。ツアーモデルらしく収納力もたっぷり。

今すぐゲットするならこちら

現役時代から今まで、水の存在が私を支えています

アスリート時代もプロを引退した今も、水は健康と美容に欠かせないものと話す古閑美保さん。学生時代からゴルファーとしての頭角を現し、プロとして活躍したのち、ツアー解説やイベントで引っ張りだこの現在も、健康や美容のために水分補給を何よりも大切にしている。そんな古閑さんのライフスタイルにおける、水とのつき合い方をうかがいました。

水分を摂ることはコンディションを整えるための基本

普段から人一倍水を飲むという古閑美保さん。そのおかげか、周囲の人より代謝がいいと実感している。そのため 、風邪をはじめとする病気とはほぼ無縁。特に腸が強く、海外に行くことはたくさんあるけれど、お腹を壊したり体調を崩したりした記憶はほとんどないと言う。

「引退してから、身体のことを勉強したいと思うようになって、お医者さんや大学教授と話す機会が増えたんです。それをきっかけに、水は身体はもとより、精神面などあらゆる健康を司っているということを改めて知りました」。

古閑さんがなるほどと納得したのは、腸の健康と自律神経は相関関係にあること。さらにはホルモンバランスにもつながり、そこには水が重要な役割を果たしていると言うお話。

「水をたくさん飲むと腸がしっかり働いて、毎日すっきりと快調でいられるような気がします。そのお話を聞いて、だから私は心身ともに健康なんだとすごく納得しました」。

移動が多かった選手時代も今も、フライト中や現地での乾燥対策に水を飲む

日本での仕事がオフのときはご主人の海外ツアーの応援へ駆けつけることも。飛行機の中や湿度の低い海外で乾燥に悩む人が多いのだが、古閑さんはちょっと違うよう。

「私はかなりの水を摂取しているためか、海外に行ってもそれほど違和感を感じないんですよね。飛行機の中では寝ているか、水を飲んでいるかトイレへ行っているか。本当に何もしないけれど、水分補給だけはしっかり行っています。例えば海外に行くなら、飛行機に乗っている間に1.5ℓは軽く飲みますよ」。

プロゴルファーとしての体調管理はトレーナーのアドバイスを参考に

「ゴルファーは体重制限などがないため、体調管理は基本的に自分自身で行うスポーツです。ただ、トレーナーさんから少しずつアドバイスをもらい、それを参考にするくらいですが、野菜やタンパク質をどのくらい摂りなさいと言うような細かい指示はなく、夏に脂を摂りすぎると疲労が残るので、控えるようになど、ざっくりとしたものが基本でした」。

ラウンド中は水を口に含むことで緊張を和らげていた

試合中の緊張する場面では、私たちと同じように口が乾くことがしょっちゅうだったそう。

「そんなときは必ず水を飲んで口の渇きを和らげるとともに、口に水を含むことで緊張をほぐしていました。当時のトレーナーさんも、積極的に水を飲むべきと考える人だったので、常にペットボトルを持ち歩き、1日に2ℓは必ず飲んでいましたね」。

この還元水素水は美味しく、良質なので安心してたくさん飲める

「水のきれいな熊本で育ったため、水道の水をそのまま飲んでも美味しく、それが当たり前だと思っていました。なので、上京してから初めてミネラルウォーターを買いました。ミネラルウォーターにもいろいろな個性がありますよね。普段の生活でも、ゴルフ中も、ごくごく飲める軟水の方が硬水よりも好きで、そこはこだわっています」。

「還元水素水生成器で作ったこの水も口当たりが柔らかく、美味しくて飲みやすいですね」。

さらに、還元水素水生成器は家庭用医療機器として胃腸症状の改善が認められている。胃もたれや胃の不快感をやわらげ、お通じを良好にしてくれる。

還元水素水生成器 TK-HS92

パナソニック独自の7枚の電極で、水素をたっぷりと生成し、胃腸症状の改善を目的とした還元水素水をつくる。医療機器としても使われていて、便秘や軟便、胃もたれや胃の不快感に悩む方におすすめ。ディスプレイには水素濃度や準備中にもORP値(水が物を酸化または還元させる伝記的エネルギー)の目安をわかりやすく表示。飲料のほか、お料理や洗顔、食器のつけ置きなど、用途に合わせて「水質切り替えボタン」ひとつで8種類の水をつくり分けられるのも便利。

オープン価格(パナソニック)医療機器認証番号229AKBZX0008000

問い合わせ先/パナソニック https://panasonic.jp/alkaline/

 

古閑美保(元プロゴルファー)

中学生でジャパンカップ、世界ジュニア、日本ジュニアを制し、2001年にプロ入り。2003年にプロとして初優勝をし、2008年には賞金女王に。2011年に手首の怪我が原因で引退する。

現在は、トーナメントの解説やテレビ出演、イベント出演などで多忙な日々を送る。2017年にはプロゴルファーの小平智さんと結婚。小平さんの試合に帯同する古閑さんの姿がトーナメントの中継で映されることもしばしば。