クラブメーカーの名前入りキャディバッグとお別れするには

キャディバッグとクラブメーカーを揃えることをやめるとしたら、かわりの目安をどうする? ひとつはキャディバッグを得意とする専業的なブランドを選ぶ。もうひとつは、自分が着ているウエアのブランドに合わせる、このあたりがステディな選び方になる。

とはいえ、やはりブランドネームやロゴが大きめなところは気になるのだが、キャディバッグに強いブランドであれば、クラブとのセット感はなく、お約束には見えない。またルックスを軽視できないウエアブランドのキャディバッグは、ロゴやブランドネームの主張は控えめで、デザインとしてのバランスがいい。それにそのブランドのウエアらしいデザインやカラーがリンクするところもスマートだ。

 

所有することに喜びを覚えるアメリカメイドの逸品

左/¥82,000<8.5inch/3.4kg>、右/¥110,000<8.5inch・3.0kg>(2点ともベルディング)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

キャディバッグはクラブを収納して、持ち運ぶためだけのものではなく、愛着を覚えるような男の道具と考えるなら、このベルディングは賢い選択だ。創業から半世紀近く、頑なにハンドメイドを貫くメイド イン USAのキャディバッグは、世界中から絶大な支持を集める。風格すら感じさせる逸品は、本物を知るゴルファーを示す象徴ともいえる。

今すぐゲットするならこちら

 

シンボリックな意匠が詰め込まれたデザイン

¥71,000<9型>(マーク&ロナ)問ダブルイーグル恵比寿 tel:03-5464-3431

マーク&ロナのゴルフウエアでもっとも印象的なのが、おなじみのスカルとカモフラ柄をミックスしたデザイン。キャディバッグのボディにもこのデザインが取り入れられている。ジッパーの持ち手や、ネームタグにもスカルがついて、マーク&ロナらしさは満点だ。

今すぐゲットするならこちら

 

シャープでミニマルな印象はウエアと変わらない

¥78,000<9型・47inch>(J.リンドバーグ)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

エナメル仕上げのPVCの艶のある黒と、ポイントに用いられた鮮やかなブルーの光沢のバランスがモダンでスポーティ。いずれのカラーもJ.リンドバーグのゴルフウエアではよく用いられるカラーだ。ツアーモデルらしく収納力もたっぷり。

今すぐゲットするならこちら

山でも街でもゴルフでも、ザ ノース フェイスなら大丈夫!

これからのシーズン、プレーウエアとしても、コースへの行き帰りにも活躍するダウンウエア。さまざまなブランドが手がけているが、やはりアウトドアブランドのモノが気にかかる。中でもザ ノース フェイスは、近年、タウンでもスマートに着られるデザインで圧倒的な支持を集めている。

そのザ ノース フェイスは、ダウンにもこだわりを見せる。それは三重の河田フェザーが生み出す、高品質の国内精製ダウンだ。超軟水によって、徹底的に羽毛の汚れが取り除かれている。それにより不純物を含まないダウンは、羽毛本来の保温、放湿性能が完璧に再現されているのだ。ゴルフシーンでも頼もしい存在だ。

 

過酷な環境にも対応できるダウンらしい暖かさ

ダウンジャケット¥32,000、ダウンベスト¥27,000(2点ともザ ノース フェイス)問ダブルイーグル恵比寿 tel:03-5464-3431

ダウンジャケットに用いられている、ビビッドなイエローとブラックのコンビは、ザ ノース フェイスらしい配色。ダウンベストはカモフラを巧みにアレンジ。タウンでもすんなり着られる高機能がブランドの人気の秘密だ。

 

「山」仕様のアンダーウエアは冬のコースでも活躍してくれる

アンダーウエア<シャツ>¥6,800、<パンツ>¥6,800(2点ともザ ノース フェイス)問ダブルイーグル恵比寿 tel:03-5464-3431

アンダーウエアが充実しているのもアウトドアウエアならでは。起毛感の強い裏地に、光電子ファイバーを利用した保温性。さらに汗冷えを防ぐなど充実の機能は、冬ゴルフでも頼もしい存在だ。

コレクターズアイテムでもあるスペシャルなマーカー

スコッティ・キャメロンがゴルファーにとって羨望のパターであることは、今さらいうまでもない。そんなパターを所有しているのならもちろん、いつかはキャディバッグの中に加えたいと思う向きにも、このスペシャルなマーカーは見逃せない。

上はマスターズに合わせて限定で登場したもの。なんとも贅沢なコラボだ。下はピースマークやクローバーといった馴染みのあるモチーフが刻まれている。いずれもプレミアム感があり、使うのを躊躇してしまうかもしれない。

 

2014年のマスターズに合わせて作られた限定マーカー

各¥60,000(スコッティ・キャメロン)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

2014年のマスターズは最終日に首位に並んだバッバ・ワトソンとジョーダン・スピースが最終組で直接対決した大会。あの興奮を共有している由緒正しい逸品だ。グリーン上でちょっと自慢話をしたくなりそうだ。

今すぐゲットするならこちら

 

ゴルファーにとっては極上のアクセサリーでもある

各¥20,000(スコッティ・キャメロン)問ダブルイーグル銀座 tel:03-3538-3363

それぞれの独特なデザインがスコッティ・キャメロンらしさを感じさせる。スクエア型のマーカーを縁取る文字まで気にかかるのだから、このブランドバリューには、ゴルファーは逆らえない。

今すぐゲットするならこちら