しなやかで質のいい筋肉と身体づくりのために良質な水が必須

練習や試合で大量の汗をかくアスリートにとって、水は大切な存在。海外のメジャートーナメントでも複数回の優勝を経験、現在はツアー解説やTV出演、ジュニア育成などで大忙しのプロゴルファー・丸山茂樹さんも水にはこだわりをもっています。日常生活における水とのつき合い方をうかがいました。

ツアー中の体調管理はすべて自分で。水をたくさん飲むことを心がけています

ゴルファーは、野球選手やサッカー選手とは違い、専属の栄養士がついて食事の細部にまで気を使うというようなことはない。海外のメジャー選手を見ていても、ジャンクフードを頬張っているシーンをよく見る。

「ゴルファーって個人プレーなので、スポーツトレーナーやキャディはチームとしては抱えていますが、体調は自己管理。今も昔も好きなものを食べるのが僕のルールです。アメリカで試合に参戦していた間は、LA中のレストランに行きましたね」。今はシーズンオフの1月~3月はLAに、4月~12月は日本にいて、トーナメントの解説やメディア出演などをしている丸山プロ。

「僕はお酒を飲まないので、食事中は、外食のときはお茶などを、自宅では水をたくさん飲みます。水にはこだわりがあるので、自分で情報を集めて、いいと思ったものを飲みますよ。クリニックの先生の仲間もいるので、常に情報はインプットしています」という。

体調管理のためにサプリを摂ることもあるそう。「ハマると3カ月はまず試してみるタイプ。いまは毎朝シークァーサーの原液をお水で割ったドリンクを一杯飲むのが日課。これをはじめてから体調がいい気がします。

ショットの前に水をひと口。これを崩すとゴルフの調子も乱れる

「僕はショット前のルーティーンを絶対に崩したくないタイプ。キャディもそれをわかっているから、アドレスに入る前に必ず水を渡してもらうのがお決まりでしたね。そのときにたまたま流行っていた水素水だったり、酸素水などを飲んだりしていました。一口飲んでからアドレスに入る」。

「このルーティーンで、ラウンド中は2ℓ〜3ℓは水分を摂っていますね。当時のオーストラリア人のトレーナーがとにかく水を飲めという人だったので、トレーニング中もたくさん飲んでいました。だから、ゴルフ場でも外でも、トイレのチェックが同時に必要なんです(笑)」。

水の大切さを実感したプロゴルファー時代

「筋肉疲労にはお水が絶対に大事だと思います。脚や体が突っ張ったりするのはミネラルや水分不足。スポーツをしているとついつい夢中になって水分補給を忘れがちですよね。そうすると後々、体の疲労感が強くなるけれど、いいお水をたくさん飲んでいると疲労感も違ってくるし、筋肉のしなやかさも変わると思います」。

「コースの外でのトレーニング中も体内のサーキュレーションシステム(循環)を活性化させるために質の良い水を摂って、老廃物の排泄するのが一番いいのかなと思います。そのおかげで、3ヶ月に1度血液検査をしていますが、とにかく健康。風邪もひかないですしね。胃もたれもしないですし、朝から焼き肉も食べれますよ!」

来年50歳を迎えるにあたり、体内からリフレッシュ

「マッサージにもよく通っていたけれど、今は週に一度電気治療に行っています。これがすごくスッキリするんです。来年50歳なので身体を内側からもリフレッシュさせたいと思い、質の良い水をたくさん飲むように心がけています」。

リオに続き、東京オリンピックでもヘッドコーチに

リオオリンピックにつづき、東京オリンピックでもヘッドコーチを務めることが決まった丸山プロ。ゴルフは個人でチームがあるので、監督がそこに入って何かをするということは実はないという。

「僕は、選手からどんな質問をされてもすぐに答えられるように準備をするだけ。例えば、「このコースのマネージメントどう思いますか?」と聞かれたときに明確に応える。「この芝からの打ち方がわからないんですが教えてもらえますか?」と言われたときに、少しの不安も与えることなくすぐに応えられるようにする。選手がリラックスできるように盛り上げる。選手の気持ちを広報として記者に伝える。これが僕の役目だと思っています。

オリンピックが終わって、選手に「2週間楽しかったです」と言ってもらえればそれで満足です。自分が監督であっても、表彰式で君が代を聞けたら泣いちゃうかも(笑)」。丸山プロがヘッドコーチを務めるとなると、2年後に迫ったオリンピックがますます楽しみです。

 

還元水素水生成器 TK-HS92

パナソニック独自の7枚の電極で、水素をたっぷりと生成し、胃腸症状の改善を目的とした還元水素水をつくる家庭用医療機器。胃もたれや胃の不快感に悩む方におすすめ。ディスプレイには水素濃度やORP値(水が物を酸化または還元させる電気的エネルギー)の目安を表示。飲料のほか、料理や洗顔、食器のつけ置きなど、用途に合わせて「水質切換ボタン」で8種類の水をつくり分けられるのも便利。

オープン価格(パナソニック)

医療機器認証番号229AKBZX0008000

詳しくはこちら

 

丸山茂樹(プロゴルファー)

日本大学で活躍、アマ37冠で1992年にプロ入り。マルちゃんの愛称で親しまれ、日本ツアーでは通算10勝、2000年からPGAツアーに本格参戦し、通算3勝をあげる。2002年には伊沢利光プロとのコンビで、EMCゴルフワールドカップを制している。2016年リオデジャネイロ五輪では、ゴルフ日本代表ヘッドコーチを務め、2020年東京五輪でもヘッドコーチを務める。

現在は、ゴルフ中継の解説者をはじめ、さまざまなメディアにて活躍するかたわら、一般財団法人丸山茂樹ジュニアファンデーションの代表理事として、ジュニアゴルファーの育成にも力を入れている。

 

ベストスコアを支えてくれる仕事人/若手インドアゴルフスクールコーチ

せっかくお金を払って教えてもらうなら、やはりキャリアや実績のあるベテランコーチがいい。そう思うのは、ビギナーでも上級者でも変わらないはず。そんなアマチュアゴルファーからの信頼を得るために、コーチ稼業に励むゴルフスクールの若手レッスンプロは多い。。彼らのお仕事の中身と発展途上ゆえのジレンマとは?

宇津野コーチはさわやかなスポーツマン

お話をしてくれたのは、インドアゴルフスタジオ、四谷ゴルフ倶楽部の宇津野勇気さん(29歳)。高校からゴルフ部に所属。日体大を中退後、富士桜カントリー倶楽部で5年間研修生をしながらプロテストにチャレンジするも夢は叶わず。研修生のときのキャディ経験で感じたアドバイスをするおもしろさ、人と話すことが好きだった性格から、教える側を目指すことに。大手スポーツクラブのゴルフインストラクターを経て、JGRA認定レッスンプロ資格を取得。この春から四谷ゴルフ倶楽部に入社。所属する人のレッスンプロの中でもっとも若手。 

休日の場合、1030分出社。11時からレッスンがスタートする。グループ、マントゥーマンがあり、レッスンは30分刻みで行われる。たとえば年配の方には褒めることを重視したり、若い方には、自分が近い世代であることを活用してコミュニケーションを深めたりと、レッスン内容だけでなく教え方にも気を配る。レッスンの最後に次回の予約を聞くようにするのも、営業戦略というより生徒さんに気を配るホスピタリティの一環ととらえる。 

スキルアップのためのアドバイスだけではなく、それを最大限に生かすためにはおもてなしの感覚も求められる。最終のレッスンが終わる22時から片づけと清掃。マットが汚れていないか、ボールは整然と並んでいるかなど細部まで気を配る。予約次第では退社時間まで休憩なしになることもあるとか。 

ゴルフスキルがあるだけでは信頼されるコーチにはなれない。 

レッスンのコンセプトや核となるメソッドは当然スクール内で統一されているが、実際に生徒さんを前にレッスンするときのノウハウは人それぞれ。大規模なスクールではないのでコーチの研修会が行なわれるわけでもない。先輩コーチのレッスンを見たり、都度つど質問しながらスキルをあげて、コーチとしての信頼度を高めていく。 

教えるだけでなく細かな気遣いも仕事の一部

宇津野コーチが研修生時代にキャディとしてアドバイスしていたときは、118Hだけの一期一会的な感覚だった。ところがスクールは週に1回とか継続したつきあいになる。だから言葉としては月並みながら、楽しく、おもしろいレッスンになるように努める。言葉少なく、ワンポイントしかいわないコーチより、いろいろしゃべった方が楽しい時間になるはずだからだ。とはいえ必要以上に話すことが苦痛な生徒さんもいる。そうした生徒さんの嗜好をすばやく見抜いていくこともとても大切だ。ゴルフスクールは学びの場でありながら、同時にコミ力が問われる、マン トゥ マンのサービス業でもあるだ。 

大切なのは言葉。感覚的に自分が1回発した言葉だけで、思い通りに理解してくれる生徒さんは20%いるか、いないか。これが宇津野コーチの自己分析だ。今、先輩コーチのレッスンを見ていて感じているのは、もっとはっきりと言い切ること。自身がよく使ってきた「~するといいですよ」という言い回しには「?」が残るのではと思いはじめた。先輩がよくいうのは「~してください」。こうしたある種の言い切りの方が生徒さんは悩まないのではと気づいた。ゴルフのスキル以外に学ぶことはたくさんある。 

生徒さんの中には会社の社長など、社会的地位が高い人もいる。もちろん他の生徒さんと変わらず接するように心がけるが、相手が相手ゆえ、どこか言葉が気後れしてしまうこともある、というのは正直な思いだろう。ところが先輩コーチを見ていると、言い切りを通り超して、なんと「こうしないとヘタになるから!」ときっぱりという。こうしたコミュニケーション能力は、まだ若い宇津野コーチには高いハードル。舌を巻くばかりだ。 

まだまだキャリアの浅いコーチ稼業とはいえ、生徒さんから「この前コースへ行って、先生に言われたことを守ったら、いいショットがたくさん出た」といったうれしい報告を聞くと、自分が教えてきたことが正しかったかなと思えて、本当にホッとするという。肩の重荷が降りたような気分なのだろうか、それは弾けるような解放感らしい。コーチという仕事の重みなのだろうか。 

通う立場は上手くなるはずと信じて、スクールのコーチの教えを乞う。そんな思いに応えるために努力を重ねる若手コーチも、ゴルフの1日を支えてくれる人のひとりだ。 

YGC Group

四谷、都立大学でインドアゴルフスタジオを運営。グループ、マン トゥ マンのレッスン、さらにラウンドレッスンを行う。最新シミュレーターや動画を用いたスイング分析によって、ビギナーから上級者まで結果を出す指導を目指す。どちらのスクールも駅間近のロケーションで仕事帰りにレッスンを受けられる。四谷ゴルフ倶楽部 TEL.03-3225-3700 都立大学ゴルフクラブ TEL.6459-5672

 

このグローブなら急な雨も怖くない!

【HIRZL】

”うなぎ”が掴める、という完璧なグリップ力、驚きの飛距離と安定感、雨や汗でも滑らない!このグローブさえあれば、雨なんて怖くない。いや、雨よ降れ!だ。

左)TRUST CONTROL.2.0 (¥4,400+税)MATERIAL 掌:カンガルーレザー 甲:カブレッタレザー( 高級羊革)/ エアテックメッシュ 中)TRUST HYBRID plus+. (¥3,800+税)MATERIAL 掌:カンガルーレザー/ エアテックメッシュ 甲:合成皮革/ エアテックメッシュ 右)SOFFFT PURE. MATERIAL (¥4,200+税)掌:プラチナムカブレッタレザー( 羊革) 甲:プラチナムカブレッタレザー( 羊革)

グローブはゴルフで唯一クラブと接触するアイテムである。スポーツ用グローブの専門ブランド『HIRZL』は、グローブがボールコントロールやクラブとの相乗効果でスコアメイクに大きく影響する事実に着目し、独自の製法と最先端テクノロジーを駆使した革新的なゴルフグローブを作り上げた。その圧倒的なグリップ力は『飛距離を伸ばし』『方向を安定』させ、雨・汗などウェットなコンディションでより一層滑らなくなる。
耐久性やフィット感でも他を凌ぐ完璧なグローブだ。

THE ULTIMATE GLOVE EXPERIENCE ‒ 究極のグローブをぜひ一度お試しあれ!

*HIRZL のゴルフグローブはUSGA、R&A いずれのルールにも適合しています。

商品のお問い合わせ : グレンコーポレーション TEL03-3434-7223