マキロイ、スイスアルプスでもナイスショット!

ついこの間まで、暑さにやられて、涼風が吹きぬける高原のゴルフコースに思いをはせていたが、今回、ローリー・マキロイが挑んだのは、高原どころか万年雪を間近に望む特設コース。

このティグラウンドからティショットを打つマキロイ

場所はスイスアルプスの名峰ユングフラウヨッホ。ちなみに海抜は3,466mの山で、富士山よりは低いとはいえ、眠気や息切れなど軽度な高山病に見舞われるという。いずれにしても、なかなかお目にかかれない、過酷なコースであることは間違いない。

このロケーションにコースを設けるとは…

プレーしたのは去る10月4日。天候は快晴とはいえ、その重装備ぶりを見ると、やはり山岳コースなどというフレーズではかたづけられないものものしさ。この日はオメガのゴルフチャレンジのために、9ホールが設置された。対戦相手は予選会を勝ちあがってきたスイスの若手ゴルファーたちだ。

中央がマキロイ

このゴルフチャレンジは、地の利もあるのか、スイス若手選手たちの勝利で終わった。プレー後のマキロイのコメントは、「グリーンの上のほうがやはりプレーしやすいですね」というナイスなジョーク。とはいえローリー・マキロイ。雪山という想定外な条件でも、若手ゴルファーたちが目を見張るようなショットを次々と放った。メジャー4回制覇の実力は、どんな環境でも発揮されるのだ。

この日、マキロイが着用したのは、オメガ「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター」。セラミック製のダイヤルにはレーザー加工で波が描かれ、同じくセラミック製のベゼルには、ホワイトエナメルでダイビングスケールが施されている。SSケース、ブルーストラップ、300m防水。

¥510,000(オメガ)問オメガお客様センター tel:03-5952-4400

千葉バーディクラブからはじまる極上のゴルフライフ

メンバーとしてホームコースをもつことは、いうまでもなくゴルファーにとっての醍醐味。どこのコースのメンバーになるのかは、どんなゴルフライフを描いているのかを示すものでもある。「千葉バーディクラブ」からはじまるクラブライフは、ゴルファーにとっての理想を実現できる選択になる。

クラブハウスからいつもの道を歩き、スタートホールへと向かう。しかし、ティグラウンドに立つと、そこにはいつもとは違う風景が広がっている。それが「千葉バーディクラブ」の最大の魅力といえる。何故、同じ場所からの景色が、毎回違って見えるのだろうか? その理由は、そこには“生きた自然”があるからだろう。常に呼吸し、成長し続ける花や樹木たちが、季節によって、また時間によってさまざまな表情を見せてくれるからだ。

季節の花々がゴルファーを迎えてくれる

豊かな自然の中でも、特に目を奪われるのは、美しく咲き誇る花木の数々。その数は、日本で一番といっても過言ではない。その言葉通り、ここまで花木が咲き乱れるコースはお目にかかったことがない。

その美しさに惹かれるのはゴルファーだけではない。数多くの野鳥たちが集い、喜びの歌を奏でる。ここはまさに、生き物たちの聖域。この地に最初に足を踏み入れたゴルファーも、まずは彼らの仲間に入れてもらえたことに大いなる感動を覚えるはずだ。

ラウンドするたびに自然の小さな発見に気づき、感動する。こうした経験もホームコースをもてばこその贅沢だろう。

この「千葉バーディクラブ」は、見た目の美しさとは裏腹に、各ホールはそれぞれにプライドをもっており、ひと筋縄ではいかないのも特徴だ。全長7052ヤード、パー72。多くのフェアウェイは手強いドッグレッグ、いくつかのグリーンは池を小脇に抱え、プレーヤーを簡単には寄せつけない。どのルートで攻めるのが最も効果的なのかを楽しめる。ここなら挑戦意欲が掻き立てられて、ゴルフ本来のおもしろさが存分に味わえるはずだ。

モダンで洗練されたレストラン

コースに溶け込むようにたたずむクラブハウスは、戦うゴルファーに安らぎを与えるオアシスとなっている。自然光があふれる室内。カッシーナで統一されたインテリア。心のこもったもてなしに、丹精込めてつくられた料理の数々。そこに身を置くだけで、誰もが、心が解き放たれていくのがわかる。またフェアウェイサイドに立つヴィラ、サンクチュアリーフォレスト アラマンダに滞在すれば、プレーから離れた時間まで、コースの美しい自然に抱かれながら、極上のゴルフステイを味わうことができる。

リゾートステイ感覚を味わえるサンクチュアリーフォレスト アラマンダ

都心からわずか55分の地に広がる、選ばれし者たちの楽園は、至福の時間を過ごすのにふさわしい場所といえる。

会員募集要項

会員の種類/法人正会員(記名式1名)・個人正会員 募集口数/40口
(記名人数は法人、個人とも1名記名式。記名の範囲は法人会員で役員職1名を登録いただけます)

千葉バーディクラブ

  • 募集金額/830万円(消費税込み873.2万円)※内訳は入会金540万円(消費税込み583.2万円)、預託金290万円
  • 年会費/120,000円(消費税込み129,600円)

千葉県八街市小谷流591 tel:043-440-5888

さらにザ・バーディクラブでは、「千葉バーディクラブ」を含む3つのコースから、ホームコースとセカンドコース(1コースまたは2コース)を選べる、最大3つのコースでの共通会員も募集している。「千葉バーディクラブ」とともに用意されているのも、名門の誉れ高い格調あるクラブだ。

まずは「東京バーディクラブ」。武蔵野台地の起伏を生かした雄大なコースは、歴史が培ってきた格式と趣きがゴルファーを魅了する。圏央道の青梅ICより約10分。都心から約58分という好アクセスもポイント。もうひとつが日本を代表するトラディショナルリゾート、軽井沢で愛されてきた「中軽井沢カントリークラブ」。雄大な浅間山を望む抜群なロケーションの中で、ダイナミックにプレーを楽しめる林間コースだ。これらのコースを組み合わせることで、クラブライフは一段とグレードアップする。

共通会員(ザ・バーディクラブ)

[2コース共通会員]

  • 募集金額/1,200万円(消費税込み1,264万円)※内訳は入会金800万円(消費税込み864万円)、預託金400万円
  • 年会費/140,000円(消費税込み151,200円)

[3コース共通会員]

  • 募集金額/1,500万円(消費税込み1,580万円)※内訳は入会金1,000万円(消費税込み1,080万円)、預託金500万円
  • 年会費/160,000円(消費税込み172,800円)

※共通会員は、ホームコースでの競技、行事にのみ参加することができます。
※中軽井沢カントリークラブをホームコースとして指定することはできません。

◇視察プレーに関する問い合わせはこちら

◇資料請求についての問い合わせはこちら

詳細はこちら ザ・バーディクラブ

 

 

 

ベストスコアを支えてくれる仕事人/キャディ

特にプライベートなゴルフでは、セルフが幅を利かせて、キャディ付きのラウンドはちょっとした贅沢。それでもキャディのアドバイスによって、ミスショットが防げたり、心が和んだりした経験は、ゴルファーなら誰でもあるはず。もちろん当たり外れがあるという声もあるが、そんな厳しい視線があることも知りつつ、プレーを1日サポートしてくれるキャディのお仕事の中身とは?

 

ラウンドのあとも笑顔を絶やさない浅生さん

お話をお聞きしたのは、千葉夷隅ゴルフクラブでキャディを務める浅生ともさん(21歳)。高校を卒業するときに先生に勧められて、この仕事に就いたそう。当然、当時はゴルフの経験はなく、キャディという仕事もまったくわからなかったという。高校時代、バスケット部にいたこともあって、ゴルフ場で体を動かしながら働けるというところに惹かれたが、実際はイメージ以上にハードな仕事に驚かされた。千葉夷隅ゴルフクラブには現在22名のキャディが在籍するが、浅生さんは中堅クラス。今は休日や早番の仕事が終わったあとのゴルフに夢中で、もうひと息まできた100切りが目下の目標とか。

 キャディのとある1

 7:00 出社 その日のスタート時間に合わせてもう少し遅いことも

 「自宅を出る前に制服のアイロンがけをしなくてはなりません。この時期なら着替えを含めて3着くらい。出勤に40分はかかりますから、朝は大変です」

 7:05 朝の準備体操

 「屈伸や伸脚など5分くらい。やるとやらないでは、1日の疲れのダメージが違います」

 7:10 エントランスでお客様の出迎え

 「スタート35分前まではエントランスに立って、お客様のお出迎えをするのもキャディの仕事です」

 8:00 スタートの準備

 「キャディバッグをカートに積み込みます。それぞれのクラブの本数や、ブランド、カバーの有無などを念入りにチェック。プレー中にキャディバッグに入れ間違えないようにします。M2、エピックとかかぶりやすいクラブはシャフトなどまで確認して、不安があればメモしておきます。キャディをはじめて1年くらいは、これを覚えておくことが本当に大変でした」

 8:20 スタート10分前にはティグラインドへ移動

 「暑い日にはいつも持参するものに加えて、保冷袋に入れた氷、麦茶。さらに自分用にスポーツドリンク500ml2本と塩飴を持っていきます」

 8:30 スタート

 「スタートから12ホールの間に、お客様の志向やスキルを読み取るようにします。たとえばティショットを打つときの集中の仕方、周囲の人の雰囲気とか参考になります。また残りの距離の聞き方、たとえば高低差や風の影響まで聞かれるのか、なども目安になりますね」

 9:30 ラウンド中

 「ヘッド同士がぶつかるガチャガチャという音がしないようにとにかく気をつかいます。クラブを何本かもってお客様に向かうときも、カートを運転するときも、この音ができるだけしないようにと考えます。特に注意するのはスプーンやユーティリティなど、長さが近いもの。カバーはつけなくてもいいよ、といってくれるお客様もいます。本来なら手間が省けてありがたいのですが、この音を出さないようするためにはカバーをつけたくなりますね」

 10:30 ハーフ終了

 「お客さまがカートから離れたあと、クラブの本数を確認して、お客様の帽子とグローブを乾燥させるためにカートに吊るします。そのあと社員食堂で休憩、昼食になります。汗をかいた制服を着替えて、スタート15分前にはカートに戻るようにしています。昼休みは短いですが、くつろぎすぎると、かえって午後に疲れてしまうので、このくらいがいいです」

 11:20 スタート

 「お客様とは均等にしゃべるように心がけています。速やかにプレーするためには、フェアウェイをキープできる方よりも、林の中へ入ってしまいがちの方へのケアを優先せざるをえません。ですからフェアウエアにいる方には“すみません、林の中に行ってきます”とひと言声かけをしたり、グリーンまわりや待ち時間に率先してコミュニケーションをとるようにしています」

 12:20 ラウンド中

 「スロープレーにならないように、まずはお客様の先を歩くようにすること。遅れはじめたらさりげなくクラブを手渡す動作を早めたり、カートを早く動かしたりします。またカドが立たない程度に“前が開いちゃっているので…”とか言うようにしています」

 13:20 ラウンド終了

 「カートが戻ったら、お客様とクラブの確認です。スタート前にチェックしていますが、ヘッドカバーの有無などは、あらためてお客様に確認するようにしています。そのあとクラブにブラシをかけてきれいにします。コースに来たときよりもきれいになっているようにしたいですね」

 13:40 休憩

 「早番のときはここで上がりですが、遅番は1時間の休憩後に、セルフでまわったお客様が戻ったときの、クラブの確認やブラシかけをサポートします」

 17:00 明日のスケジュールを確認して退社

 ハーフで3時間超えたときは、後ろの組に謝りにいきました

 Q ゴルフ未経験からのスタート。当時は大変だったのでは?

 A 入社してから3ヶ月くらいは、キャディマスターからの講習が中心でした。2ヶ月目くらいから先輩についてラウンドするようになります。独り立ちして、先輩との接客や対応の差を実感しましたね。きっとベテランキャディさんがつくと思っていたのか、若い私が挨拶したら、お客様にため息をつかれてしまったことがあって。へこみました。

 Q どんなところに違いがあったのですか?

 

浅生さんのコースへでるときの持ちもの。下が暑い日用の保冷袋。氷や麦茶入り。左上が雨に備えるセット

A もちろん当時はコースやゴルフの知識の差はありました。けれどほんのひと言のケアが大きいと思いましたね。たとえばティショットを曲げてOBになった可能性が高かったとします。そこで暫定球を打ってくださいとなります。お客様はボールが残っているかも、と思いますよね。そんなときに、先輩はあの先は斜面になっていてOBに転がっていきやすいんですよと言って、暫定球を打つことを促します。お客様にも気を配りながら、的確で納得してもらえるアドバイスを、咄嗟に口にできる。信頼してもらえるためのプロセスですね。

 Q 今はコースでは中堅のキャディとなって、ずいぶん苦労も減ったのでは?

 A まだまだです。たとえば距離計をもってくるお客様にはちょっと緊張しますね。私たちは5ヤード単位で距離を伝えるようにしています。ところが先に距離を聞かれたあとで、距離計で測られると5ヤード以内で誤差が出る可能性がありますから、ドキドキしますね。距離計の通りですとも答えられませんし。

 Q 最近、いちばんハードだったラウンドは?

 A ハーフで3時間を超えてしまったときですね。キャディとしてお客様を引っ張れなかった私の責任もありますが、とにかく想定外のところにボールが次々と飛んでいって、これまでボールを捜しに行ったことがないエリアばかり。ボール捜しに手間取りました。しかもお願いしてもなかなか打ってくれないし。正直、これはお手上げとあきらめモードになってしまいましたね。

 ハーフが終わって、すぐに後ろの組のキャディに謝りに行きました。そして後半も3時間を超えないようにと気合を入れ直しです。前が開いているので急いでお願いします!と声かけも少し厳しめにしたのですが、30分程度しか短縮できず。後ろの組には申しわけないし、体力的にもかなりハードでしたね。9時間以上ラウンドしていたような感覚でした。後ろの組のキャディさんも知っているお客様だったようで、お咎めがなかったことが救いでした。お客様が楽しく、気持ちよくプレーしてもらえるように、もっと経験を積んで、勉強しなくては。

 

千葉夷隅ゴルフクラブ/なだらかな丘陵地帯に広がる27ホールは、まっすぐいかに遠くへ飛ばすかを追求した本格派コース。『パーゴルフ』誌の読者が選ぶベストコースランキング各部門上位の常連で、特に接客部門では15年連続1位を獲得。その優れたホスピタリティから、キャディの評判も高いコースとしても知られる。千葉県夷隅郡大多喜町板谷588 TEL.0470-83-0211